スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

限界効用

限界効用(げんかいこうよう、Marginal utility)とは、財(モノ、およびサービス)を1単位追加して消費することによる効用(財から得られるメリット)の増加分のこと。近代経済学に登場した概念の一つ。

概説

ミクロ経済学の消費理論で用いられる重要な概念である。

まず、誤解のないように説明しておかなければならないことは、日本の経済学用語で言う「限界」とは、標準的な日本語の意味から非常にズレており、あくまで「一単位増やしたときの」という意味福永展己『オバ経〜オバちゃんの経済学』p.18である。元々英語ではMarginalと表現されていたものであり福永展己『オバ経〜オバちゃんの経済学』p.18、英語圏の人間は、もっと素直な語感で直感的に捉えることができている言葉の性質や、言葉の持つ影響力というものをよくよく考えれば、最初に訳語を選定した者の思慮が足りなかったとも言える。。

すなわち、限界効用は、数学的には、効用関数を財の消費量で微分したもの、ということになる。なお、ここでは、財が必要なだけ充分小さい単位に分割できるものと仮定されている。
限界効用逓減の法則

一般的に、財の消費量が増えるにつれて、財の追加消費分(限界消費分)から得られる効用は次第に小さくなる、とする考え方。これを限界効用逓減の法則(げんかいこうよう ていげんのほうそく)、又はゴッセンの法則という。


分りやすい具体例をひとつ挙げれば、普通、最初の1杯のビールはうまいが、2杯目は1杯目ほどうまくない、3杯目は2杯目ほどうまくない。このように1杯目、2杯目、3杯目となるほど、ビール(財)から得られるメリット(効用)は小さくなる。そのようなことを指している。
限界効用均等の法則

人は少しでも限界効用の大きい方を選択(選好)する、とし、その財の限界効用はより小さくなる、と説明する。

財は貨幣で購入されるため、貨幣1単位で購入できる財の量は価格により異なる。(即ち、価格の逆数になる。)
貨幣1単位で得られる各財の限界効用は、財の限界効用 × 価格の逆数(即ち、財の限界効用と価格との比、加重限界効用)になる、と説明する。

白飯ばかり食べているとおかずが欲しくなる。
(この例では、人が白飯よりもおかずが欲しくなるのは、限界効用逓減により、白飯の限界効用がおかずの限界効用を下回ったためと解釈できる。)
需要関数の導出

今、仮に、ある財の価格が下落したとすると、その財の(加重)限界効用が大きくなる。すると限界効用均等の法則により、人はその財を選好し消費を増やす。逆の場合も同様である。このようにして、価格に対して逆の動きをする需要関数が導出できる。需要曲線が通常右下がりになるのは限界効用逓減の法則の反映である。

このように、限界効用理論はミクロ経済学の消費理論の基礎になっている。
歴史的意義

限界効用理論には18世紀頃からの長い歴史があるが、限界効用理論の確立は1871年から1874年にかけてカール・メンガー、ウィリアム・スタンレー・ジェヴォンズ、レオン・ワルラスの3名により、相次いで独立に出版された著作による。
限界効用(および限界生産力など)の概念は、「Marginal 限界」という新しい手法によって経済学と数学(微分学)とを結びつけるとともに、それまでの労働価値説に代わる価値の根源に対する新しい考え方を提示して、近代経済学を独立・発展させることになった。これらの経済学史上の変革を限界革命と呼ぶ。
効用の可測性

しかしながら、効用関数が実在するのか、特に効用の大きさが数値(あるいは金額)として測定できるのか、ということ(可測性の問題)は、当初から議論の対象であり、効用理論のアキレス腱であった。

それに対して、ジョン・ヒックスの「価値の理論」によって、需要の決定で意味をもつのは複数の財の組合せにおけるそれぞれの効用の数値ではなく、複数の財の組合せのあいだの効用の大小関係(選好)であることが周知のこととなった。いいかえれば、同じ無差別曲線が描ける別の効用関数は同一の選好をあらわす。したがって、財の組合せに対して、同一の選好をあらわす効用関数は複数ある。たとえば、2変数の効用関数u=u(x,y)と厳密な増加関数y=f(x)を考えたとき、増加関数によって変換された効用関数u=f(u(x,y))は変換前の効用関数と同じ選好をあらわす。

この点でいえば、たとえ限界効用が逓減しなくても、原点に凸な無差別曲線が描ければ、消費者理論においては問題はない。このことは消費者理論において、限界効用逓減と効用の数値が、つまり、効用の可測性の問題が無意味であることとして受け取られた。

しかしながら、ヒックスの業績がひろまる一方で、ジョン・フォン・ノイマンとオスカル・モルゲンシュテルンが期待効用仮説をとなえ、経済学にふたたび基数的議論を復活させた。世界の事象がある確率分布にもとづいて決定される不確実なものであるとき、人々は効用の期待値を最大化するように行動することが公理として提案された。この期待効用仮説に従うとき、人々の不確実性への態度は効用関数の曲率に依存する。不確実性のない場合、効用関数の増加関数による変換は選好に中立的であった。しかし、期待効用仮説では選好に中立的な変換は、増加関数一般ではなく、線形の増加関数についてしか成り立たない。この場合、限界効用が逓減する効用関数と同一の選好は、同じく限界効用が逓減する効用関数でしかあらわせない。ようするに期待効用仮説は経済学に可測性を復活させたといえる。

期待効用理論において、限界効用の逓減は主体が期待値が同じ事象について、分散がより小さい事象を選好すること、つまり、リスク回避的であることを意味する。
適用上の注意点

限界効用をもって経済を考察する時には以下の点に注意すべきである。

実体の財産と現金とを混同しないこと。上記のビールの例でいえば、人が消費するビールの量は一定の限界があるとしても、ビールの種類によって値段が相違するのでビール消費に費やされる現金の量は別次元だということ。
あくまで同一人物を対象に限界効用を考えることが前提である。同一財が対象でも人によって発生させられる経済効用がことなるからである。
個人の効用関数がu=u(x,y)と表されるとき両財はGoods(消費すればするほど効用が高まる財)を想定している。したがってBads(消費すればするほど効用が減少する財。例えば労働や公害など。)を分析に用いることは出来ない。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ