スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

メセナ

メセナ (mecenat) とは、企業が主として資金を提供して文化、芸術活動を支援することである。ただし、企業による資金以外の経営資源(人材・施設等)による支援も少なからず行われている。また、企業による事業主催なども含まれる。代表的なものに財団などを通じた資金的バックアップや、企業が主催するコンサートやオペラの公演、スポーツなど各種イベントの開催などがある。

「mecenat」は、フランス語で「文化の擁護」を意味する。これは、古代ローマの初代皇帝アウグストゥスの政治的助言者であったガイウス・マエケナスの名に由来するものである。彼は経済的に恵まれないウェルギリウスやホラティウスといった若い詩人たちの後援者としても知られ、文化の擁護や育成に尽力した。

欧米におけるメセナ

欧米ではメセナは比較的はやくから始まり、1967年に設立されたアメリカ合衆国の企業芸術擁護委員会(BCA)、1976年に設立されたイギリスの芸術助成協議会(ABSA)、1979年に設立されたフランスの商工業メセナ推進協議会(ADMICAL)などの団体が活動している。

日本におけるメセナ

日本では1988年の日仏文化サミットを機に広がりをみせた。

1990年代初頭のバブル景気の頃には、金に糸目を付けない派手なメセナが盛んに行われた。中心となったのはバブルの原動力となった不動産関係の会社が多く、隠れ蓑代わりの位置づけ(美術品収蔵庫代わりの美術館など)もあった。バブル崩壊後、失われた10年を経た日本では、あえて企業名を正面に出さない地味なメセナが展開されるなど、規模は縮小しつつも1990-2008年の間で特に減少は見られないというデータを{{cite book
|title=企業メセナの理論と実践 なぜ企業はアートを支援するのか
|publisher=水曜社
}}は紹介している。(社)企業メセナ協議会『メセナ活動実態調査』を理由にしている。本調査は代表的な企業調査になっているため、日本のメセナ活動全規模推測ではない。しかし、同書の別の論で参照している(社)日本経済団体連合会2007年度社会貢献活動実績調査結果も同様の傾向を示している。裾野は広がり、多様化しつつある。

1990年に社団法人企業メセナ協議会が発足、「メセナ」という言葉が次第に広まっていった。現在では「企業の行う芸術文化支援」から、教育や環境、福祉なども含めた「企業の行う社会貢献活動」と、広義の解釈でも使用されている。

同種の活動としては、1990年に社団法人日本経済団体連合会が1%クラブを設立。会員の企業や個人は、経常利益や可処分所得の1%相当額以上を自主的に社会貢献活動に支出しようと努めている。


主なメセナ活動

出光興産 - 出光美術館の設立、出光音楽賞の運営。
京セラ - 京セラ美術館、京セラファインセラミック館を本社ビル(京都市)に開設し、無料公開している。
サントリー - サントリー音楽財団と共に、サントリー音楽賞、サントリー1万人の第九、サントリーホールの支援、運営を行っている。
東急文化村 - 複合文化施設Bunkamuraの設立・運営、Bunkamuraドゥマゴ文学賞の運営。
フォーバル - フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス・コンクールを主催。
モンブラン (アクセサリーメーカー) - 1995年より、モンブラン文化財団を設立。文化、芸術の発展に貢献した活動に対して「モンブラン文化賞」として資金を提供。

ほか、パシフィック・ミュージック・フェスティバルでは、トヨタ自動車、日本航空、野村證券、パナソニックが支援をしている。1999年には社団法人企業メセナ協議会から「メセナ育成賞」を受賞した。

直接芸術活動に関係する製品を製造する企業のメセナに、ホルベイン工業の「ホルベイン・スカラシップ」がある。2003年には社団法人企業メセナ協議会の「メセナ大賞2003」にて新世代支援賞を受賞した。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ