20代のための週末社会起業塾

20代の貴重な時間を何に投資しますか?

20代のための週末社会起業塾

20代のための週末社会起業塾
 〜自分らしさと社会貢献を重ねあわせた新しい働き方〜

日々、私たちの生活を支えてくれているのは、行政、民間企業、そしてNPO法人を始めとする市民団体の3つの団体です。
しかしながら、行政においては政治の混迷、民間企業においては行き過ぎた利益追求など、様々な問題があり、社会的弱者と言われる障がい者・高齢者・子どもたちへのサポート等が滞っているのが現状です。
そこで社会的課題を市民自らが当事者意識を持ち、ビジネスの手法を活用して社会性と経済性を両立する活動が注目されています。
このような活動を行う組織や人は、社会的企業(ソーシャルエンタープライズ)、社会起業家(ソーシャルアントレプレナー)と呼ばれ、法人形態はNPO法人や株式会社を問いません。
そのミッションは社会的課題の解決であり、社会性と経済性を両立したビジネスとなっています。

社会起業家が注目されているもう一つの理由。
それは、「働く」ということと「社会に貢献する」ということが一致しており、働く意義を見出すことが難しくなった現代において、私たちにもう一度、働くことの原点、すなわち「傍を楽にする」という価値観を教えてくれるからに他なりません。
これまで日本は、「企業は無限に成長できる」という考え方に基づき、そこに働く人々をマニュアル的な役割分担させながら利益を追い求め、大量生産・大量消費という資本主義の時代で急成長を果たしました。
しかし、物質的な豊かさを手に入れた代償に、いつの間にか人々の心を疲弊させて、漠然とした将来への不安を抱かせてしまい、多くの人々の「心」を病ませる結果になってしまいました。
だからこそ、これからの「働き方」は、お金を基準とした物の考え方でなく、「何のために働くのか」、ひいては「何のために生きるのか」という自己の存在意義を考え抜き、自分らしさと社会に貢献することを重ねあわせる生き方・働き方が求められているのです。

しかし、社会起業に関心を持っても、意欲から実践へとつなげられるように深く学べる機会はそう多くはありません。
その背景を受け、私たちは社会起業家の育成・普及を目指ざし、日本で初めて「社会起業家を育成する」ことを専門とする社会人ビジネススクール、社会起業大学を2010年に設立し、現在、第8期を開講、300名を超える卒業生に恵まれました。
本コースは、20代の社会起業家を目指す方に向けた単科講座で、週末のみの隔週4ヶ月、全10回の講義で社会起業大学のエッセンスを十分に体感することが可能なカリキュラムとなっています。
ビジネスに活かすことのできる自分の強み(らしさ)の発見から、社会的課題へのアプローチ、そして現役の社会起業家を招いてのビジネス立ち上げの手法や成功の種を見つける講義。
そして、チームで実際に社会的課題にアプローチする「プロジェクト」。共感でつながる仲間が集まることで、一人では想像もできないアプローチが生まれます。


対象となる方

起業したい!という熱い20代の方はもちろん、他にも下記のような方を対象としています。

@お金だけじゃない、もっと人のため、地域のため、社会のために働きたいという方
A学生の頃は熱かったのに、会社の目の前の仕事に追われてしまっているという方
Bいきなり起業は難しいけど、とにかく何か一歩踏み出したいという方
C「社会起業って何?」「きれいごとじゃないの?」という疑問を持っている方
D未来の子どもたちの為に、まずは自分が動き出す「きっかけ」が欲しいという方
E震災復興のために何かしたいけど、具体的にどうしていいのかわからないという方
F途上国の貧困問題にアプローチしたいけど、現地に飛び込めていないという方

※20代向けのカリキュラムになっておりますが、年齢制限は特にございません。


20代のための週末社会起業塾

高い志と素質を持ちながら、悶々としている皆様へ

誰もが自分らしく、社会に貢献したいと思いながらも、実際にそれができている組織、人は非常に少ないのが現状です。
本コースは、自ら社会を動かすために何をすればいいのか、その第一歩を学ぶことができるようなカリキュラムとなっています。
この場所から、一人でも多く「自分らしさに気が付き、らしさで社会に貢献する働き方を実践できる社会起業家」を新たに輩出していきたいと私たちは考えています。


このコースに参加することで得られるモノ

@社会起業家としての素養
A「自分らしさ」を発見し、イキイキと働くきっかけための「軸」
B近しい価値観を持ちながら、様々なバックボーンを持った、一生付き合える仲間
Cビジネススキルの基本である分析力、プレゼン力、プロジェクトマネジメント力
D起業家とのネットワークの加速度的な広がり
現状を変えるきっかけをお探しの方、気楽に真剣に、このコースにご参加下さい。


週末起業塾受講に関しての3つの特典

1. 受講期間中、いつでも頼れるサポート体制
1回限りのセミナーに出ても、その場限りで終わってしまうことが多いものです。本講座では、受講期間中、FBのコミュニティでずっとサポート。社会起業大学に来れば、講師やスタッフに直接尋ねる事も可能です。実践の課程で分からないことをどんどんぶつけてみて下さい。

2. 個別メンタリング!
ビジネスプランのブラッシュアップやキャリア相談など、個別のメンタリングを受けることが可能です。(回数制限有)

3. eラーニングの視聴が期間中無料!
50以上の社会起業家の講演をeラーニングで視聴することが可能です。インターネット接続可能な環境ならどこでも受講可能。ケータイ、スマートフォンでも受講いただけます。さまざまな社会起業家の汗と工夫から、社会性と経済性を両立させるための成立要件を学習します。

http://socialvalue.jp/elearning/index.html


受講生の声

川喜田 敬 氏
大手電機メーカー勤務 川喜田 敬 氏

「何かしたい。でも何をしたらいいのか分からない。」
ソーシャルビジネスの本場であるバングラデシュに行って、社会起業への興味を抑えきれなくなった私が次の一歩として選んだのがこのコースでした。
自宅のある滋賀県から通うだけの価値はあるのだろうかと当初は思っていましたが、間違いなくその価値はありました。
数多くの起業家と少人数で濃密な時間を過ごせたこと、実際にビジネスプランを作ってみたことももちろんですが、何よりもこのコースで出会った仲間の存在が、このコースで得た一番の財産です。
ここで学んだことを活かして、今後は若者にとって、海外留学をもっと身近な選択肢にしていく活動を本格的に始動します。

カリキュラム(全10回)

 
第1回
2013年
11月30日(土)
15時−18時
オリエンテーション/社会起業論 「社会起業家」とは何か
社会起業家とは何か、なぜ今社会起業家が求められる時代になったのかなど、社会起業における基本的な概念を、ディスカッションを通じて整理し、受講生それぞれの社会起業家像(ビジョン)をクリアにします。週末社会起業塾を通じて、自分がどうなりたいのかを明らかにすることが本講義におけるゴールです。
第2回
2013年
12月15日(日)
14時−18時
原体験ワーク / 「らしさ」を発見し、軸を定めよ!
グループワークを通じて、自身の価値観を掘り下げ、自分の強みや特徴を明らかにします。
具体的な目標まで落とし込みます。好きな言葉、褒められたこと、夢中になったこと、憧れの人などの質問に対する回答をポストイットに書き出し、KJ法で自身の価値観を抽出します。
グループのメンバーとのディスカッションを通じて、自分のミッション、つまり「目指すべき社会実現」や「社名」を深掘りしていきます。
第3回
2014年
1月11日(土)
15時−18時
講師 e-Education Project共同代表 三輪 開人 氏 / ソーシャルビジネスの新しいカタチ
e-Education Project は 2010 年に大学生の税所篤快氏とJICA職員である三輪開人氏の二人の若者の手によりスタートしました。 距離やお金といった壁を壊し、全ての若者が可能性に挑戦できる世界を作る。これがe-Education Projectの目標です。途上国と呼ばれる国には、生まれた環境で未来をあきらめる若者が沢山います。そんな子どもたちの未来を切り開きたい。e-EducationプロジェクトはICTの力を駆使して、途上国の都心部と農村部における教育格差を壊し、若者に希望の光をともすことを証明していきます。 プロジェクトが開始して4年目、現在では、現在、ベトナム、ミャンマー、インドネシア、ヨルダン、ルワンダ、パレスチナ、フィリピンと活動を広げています。 受益者から直接料金を頂く事のできない難しいモデルにおいて、社会に大きなインパクトを与えているe-Education Projectのビジネスモデルを共同代表の三輪開人氏にお話いただき、新しいソーシャルビジネスの形を学びます。
第4回
2014年
1月25日(土)
10時−13時
講師 株式会社trippiece CEO 石田 言行 氏 / 20代で起業スルというコト
trippieceは、みんなで旅をつくるwebサービスです。行きたい旅を共有して、共感者とともに旅をつくることが出来ます。例えば、「島根の海士町に街づくりを観に行こう!」を企画して、twitterやfacebookで拡散します。それを見て興味を持った人が、trippieceを訪れ、コミュニケーションを通じて旅に参加していくのです。 仲良くなったり、愛し合ったりすることに、生まれた国や宗教、人種が邪魔してはならない。『世界中に、国を超えてもっともっと友人関係が出来るサービスを作りたい。』という石田言行氏の強い想いから、このサービスは生まれました。 サービスの最終ゴールは、「あなた、何人?」ではなくて、「あなたの趣味・関心は?」がその人を判断する認識・価値観を創造することです。 trippieceのビジョンである、「“好き”で隔たりのない世界をつくる」は最高にクールなビジョン。旅で世界を身近にしていこう!というものです。業界を変える可能性のあるtrippieceの取り組みを伺うとともに、大学生のうちに起業した石田氏より「20代で起業スルというコト」についてお話いただきます。
第5回
2014年
2月1日(土)
13時−18時
社会起業家のビジネスコンテスト ソーシャルビジネスグランプリ!
社会起業家のビジネスコンテスト「ソーシャルビジネスグランプリ」を観覧します。「事業によって世の中の役に立つ」ことに果敢に挑戦し、「社会的課題の解決」と「社会システムの変革」を目指す未来の社会起業家や、すでに実績を出してきた社会起業家のプレゼンテーションを聴くことで、自分達のアクションへの参考とします。
第6回
第7回
2014年
2月8日(土)
15時−18時

2014年
2月22日(土)
15時−18時
講師 ハバタク株式会社 共同代表 丑田 俊輔 氏(※他のスタッフに変更の可能性有) 
                              / 途上国でソーシャルビジネスを創ろう
ハバタクでは国境を越えたチャレンジの場を提供し、世界中の人々と共創できる次世代リーダーを育成する、「和僑プロジェクト」を展開しています。 現在、ベトナムにおいて「草の根発、車イスイノベーション!車イス利用者と社会を繋ぐ」プロジェクトや「ベトナムの台所をもっとクリーンに!エコな燃料を家庭に届ける」プロジェクトを展開しています。 第6回、第7回は、ハバタク株式会社のプロジェクトを題材に、ベトナムの社会起業家とのスカイプセッション等で「途上国でのソーシャルビジネスの作り方」をディスカッションし、グローバルに活躍する社会起業家としての素養を高めます。
第8回
2014年
3月01日(土)
10時−13時
ビジネスプラン作成ワーク / チームプロジェクトを開始せよ!
この日からチームとなり、自分達のプロジェクトを立案し、それをビジネスプランとしてアウトプットします。まずは、ビジネスプランの作り方を全員で学習し、最終的なアウトプットの形を確認します。そして各チームに分かれ、どんな課題に取り組むかを決定します。
第9回
2014年
3月01日(土)
14時-17時
ビジネスプランブラッシュアップ / 動き出すためのアクションプランを作成せよ!
作成したビジネスプランをチームごとに発表して頂きます。それを受講生全員でブラッシュアップします。そして、机上の空論ではなく、実際にアクションするためにタスクを分解し、スケジュールを立て、プロジェクトを動かしていきます。
第10回
2014年
3月22日(土)
15時−18時
チームプロジェクト発表会 /  「社会をより良くしたい」 熱い志を宣言しよう!
これまでの学習のまとめとして、チームごとにビジネスプランをプレゼンして頂きます。
※プログラムは変更される場合があります。

講師紹介

三輪 開人 氏

三輪 開人 氏

e-Education Project 共同代表

本職で国際協力機関に勤務する傍らで、e-Educationのプロジェクトコーディネートを行う。
転機は、大学在学時に行った株式会社マザーハウスでのインターン。
インターンの勤務先としてバングラデシュに勤めていた際、後にe-Educationの代表となる税所篤快と出会うことで、「ICT教育で途上国の子どもたちの可能性を開きたい」という夢を持ち一蓮托生の道を歩み始める。
徹底した「二番目」の立ち位置を貫くことで、2010年バングラデシュ版ドラゴン桜の立役者に。
2011年以降も、e-Educationを五大陸で行うべく奔走中。

e-Education Project:http://eedu.jp/

石田 言行 氏

石田 言行 氏

株式会社trippiece CEO

1989年、東京生まれ。中央大学商学部4年に在籍中。
大学1年時に、世界中の子どもたちが撮った写真を社会に発信する学生団体うのあんいっち(2010年1月、特定非営利活動法人化)を立ち上げ活動を展開する。
大学3年時には、H.I.Sを初め旅行代理店とスタディツアーを三か国で企画し、70名の学生を集める。
その他にも、ビジネスコンテストでの受賞経験、テレビやラジオ出演、企業やNPOでのインターンと幅広く活動を展開している。
その経験をもとに、2011年3月株式会社trippieceを設立。2011年8月にα版をリリースして、ユーザーは7000人をこえ、積極的に展開中。


【影響を受けたもの】
友達、仲間、先輩・後輩、先生などなど人との出会い
【座右の銘】
 “前進なくして進歩なし。命をかければなんでもできる”
【オフの過ごし方】
 旅、映画

株式会社trippiece :http://trippiece.com/
丑田 俊輔 氏

丑田 俊輔 氏

ハバタク株式会社 共同代表

ハバタクは "Design for Co-Creative World" をスローガンに掲げ、
ベトナムにて現地の社会起業家と日本のビジネスプロフェッショナルとの協働プロジェクトを展開しているかと思えば、
MITやTufts大学に若者を連れていき共に学ぶプログラムをプロデュースしたり、地域に根ざした教育・まちづくりの活動を行ったりと、ボーダーを飛び越えて様々な活動を繰り広げています。
特徴的なのは彼らの作り出すエコシステム(生態系)で、ビジョンでつながる3人の共同代表が、いたるところでCo-Creation(価値共創)を生み出す、
その組織体制や世界観は次世代の起業家の在り方を示唆するものです。
2月8日は少ない経営資源でも大きなインパクトを生み出すハバタクのCo-Creation(価値共創)の全体像を伺い、さらにアジアでソーシャルビジネスを創るプロジェクトにフォーカスしてお話を頂きます。
2月22日は、ベトナムのプロジェクトを題材に、現地の社会起業家とのスカイプセッションで「途上国でのソーシャルビジネスの作り方」をディスカッションし、グローバルに活躍する社会起業家としての素養を高めます。

ハバタク株式会社: http://www.habataku.co.jp

長井 悠 氏

長井 悠 氏

ハバタク株式会社 共同代表

大学・大学院では藝術学(音楽社会学)を専攻し、バッハ音楽とレコード産業の影響関係について研究。
IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社(現、日本IBM)へ入社。
主に新商品/技術戦略の立案支援や新規事業の立ち上げ支援をおこなう。
また同社では、新入社員教育の企画・運営を複数年度にわたって経験。
社会人になってから必要な知識・スキルと学校で習うそれのギャップの大きさに問題意識を強くする。
ハバタクでは、日本各地の教育現場および地域の街づくりの現場に深く入り込み、「新しい学び」と実践の場を構築中。

一般社団法人 教育共創研究所 理事


全体統括・案内人

※本コースにおいては、講師が答えを教えるというものではなく、自分の頭で考える場として、皆様をご案内します。

藤井 崇 氏

藤井 崇

社会起業大学 学長

1980年11月生。
2004年千葉大学法経学部卒業。
2012年法政大学ビジネススクール イノベーション・マネジメント研究科卒業(MBA)。
日本マーケティング学会所属。

大学時はバックパッカーとサーフィンに明け暮れる傍ら、児童養護施設を支援する任意団体「Family」を立ち上げ、
1年で100名を超える大学生と子どもを結び付ける。
現在はNPO法人化し、副理事として施設卒園児の自立支援活動を継続中。
大学卒業後は近畿日本ツーリスト株式会社に入社、教育旅行部門に配属され学校営業を担当する。
過疎地の農村に都会の中高生がホームステイをする「民家泊修学旅行」の企画販売に力を注ぎ、多くの過疎地が活性化する様子を目の当たりにし、ソーシャルビジネスに関心を抱く。
多くの学校と関わる中で教育に対する想いが高まり、人の自己効力感を育成し可能性を拓くことをテーマとした教育の道を、生涯全うすることを決意。
2011年より社会起業大学に参画し2013年学長就任。


お申込み時の注意事項

■参加申込方法
@以下の申し込みフォームより必要事項を送信していただき、入金が完了した時点で正式申し込みとして受領されます。
A参加証の発行は特にございません。
B参加料は原則として、お申込み後1週間以内に指定の銀行口座へお振込みください。
(振込手数料は貴社でご負担下さい)お振込みが間に合わない場合は、社会起業大学運営事務局まで必ずご一報ください。

■キャンセル規定
開催7日前から前々日(開催初日を含まず起算)の取消・・・・・・・参加料の30%
開催前日および開催後の取消・・・・・・・・・・・・・・・・・・・参加料の全額

■免責事項
天変地異や伝染病の流行、輸送機関等のサービスの停止、官公庁の指示等の本学が管理できない事由により、
研修内容の変更および中止のために生じたお客様の損害については本学では責任を負いかねます。

■ご注意
開催可能な人数に満たない場合は、開催を中止または延期する場合がございます。

■個人情報の取り扱いについて
本校では個人情報の保護に努めております。詳細についてはホームページをご覧ください。
http://www.socialvalue.jp/privacy/index.html

■参加費に含まれるもの
参加申込手続きに必要な費用
授業料

■参加費に含まれないもの
教科書、本校までの移動費用、交通費
個人的性質の諸費用(電話・通信費、コピー代、参考文献の購入代等)


お申込みはこちら


日時

   2013年11月30日(土) 15時−18時 全10回

場所

  社会起業大学 MAP

定員

  15名

締切

  定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

費用

  84,000円 (申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)



お申し込みはこちら    資料をダウンロード



無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ