「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座

起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » 第3期「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座

地方創生事業で中核的なスキル 第3期「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座

「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座

「地方創生」が叫ばれていますが、地方創生とは地方にビジネスを生み出すことに他なりません。
地域にある資源に価値を与えて、市場と価値の交換をすることが地方活性のビジネスです。
では、どのようなビジネスを創出するのでしょうか?


実は、アイディア次第で可能となる観光という市場を対象とすることは、まさに地方再生の中核的な考え方と言っても過言ではありません。


夕張の破たんはセンセーショナルなニュースとして記憶に新しいところですが、衰退する地域を活性化すべく様々なアプローチを実行した 末、2010年に国の成長戦略のひとつとしての「観光立国・地域活性化戦略」が掲げられ、「観光」がかつてないほどの注目を集めるようになりました。


地域活性において、雇用・生きがいの創出、地域経済波及効果のために、様々な効果が期待できる「観光」は不可欠です。


しかし、全国で行われている観光の担い手養成の実態 は、殆ど失敗に終わっています。


その理由は、現在行われている多くの観光の担い手養成の取組みが
@「地域資源を観光商品(着地型観光商品)にすること」が目的化されていること
A「観光は○○であるべきだ」という分析、評論、の域を出ていないこと
B観光を事業として継続させるための「経営戦略」の視点と実行が欠けていることの3つによります。


そのような背景を受け、社会起業大学では観光に経営戦略の視点を持ちながら地域振興を実行できる担い手を養成する「観光地域づくりプロデューサー」養成講座を開設することとなりました。



地域「宝」を発掘し、冨に変える力を身に付ける「観光地域づくりプロデューサー」養成講座とは

 「観光アプローチで地域活性化を実行しようとする人」を対象に、観光にマーケティング、経営戦略のノウハウを持ち込むことで一つの観光商品を単体で造成することから地域全体の観光戦略まで俯瞰出来る力を養い、実際に稼働するためのノウハウ・スキルを提供する講座です。

講師がこれまでに創り上げてきた地域活性の事例(一次情報)をベースに、観光がもたらす地域へのインパクト(正の面、負の面)を学び、さらに「地域を一つの経営主体と捉えた戦略」を構築することで、その地域ならではのサステナブルなビジネスモデルを創り上げます。

本講座では、全国の参考となる様々な事例を多数提供することで、観光地域づくりプロデューサーとしての「引出し」の容量を広げます。また開催回によっては、外部から現場で活躍されている観光関連の第一人者を招聘し一次情報を基盤とした実行フェーズのノウハウを共有します。


この講座に参加することで取得できる資格

文部科学省所管(財)生涯学習開発財団認定「観光地域づくりプロデューサー(以下認定観光地域づくりプロデューサー)」の資格が取得できます。
時代の要請を受け、プロとして観光地域づくりに携わる際に、持続可能な観光地域づくりの考え方やスキルを学んだことを証明することを目的として(財)生涯学習開発財団の認可を受けて制定された資格制度です。

本講座を受講し、最終回における審査で一定の基準を満たした方が認定を受けることができます。
認定資格の有効期間は2年間です。資格の維持のために更新制度があり、有効期間内におけるトレーニング研修の受講と、審査において一定の基準を満たすことが要件となります。


この資格を活かせる方

「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座

地域活性化に興味のある方なら誰でも参加が可能ですが、特に以下の方を対象としています。

・いつかUターン、Iターンで、衰退するふるさと(地域)を元気にしたい、と考えている方
・地方自治体で働こうとしている方
・旅行会社で働いている方、または働こうとしている方
・趣味で観光商品を作ってみたいという方
・ソーシャルビジネスに興味のある方
・地方在住で起業したい方 など


受講生の声

田中 慶一 氏
株式会社JTBコーポレートセールス 営業推進本部
ソーシャルソリューション地域交流推進局フード・アクション・ニッポン推進本部事務局 局長  田中 慶一 氏

■地域が抱えている問題はもはや待ったなし

超高齢化社会、限界集落、・・・地域が抱えている問題はもはや待ったなしでかつ地域の問題だけではなく首都圏始め 東日本大震災を機に日本全国の問題となって改めて浮き彫りになりました。
講義内容としては各ツーリズム(グリーン、エコ、・・・等)の実態や理論を学ぶと共に地域が抱える新たな課題や問題点を 知る良い機会となりました。
特に自身が選択した被災地をテーマにした題材では福島をフォーカスしグループメンバーとも現地へ足を運びフィールドワークの実施による 取材や現場の方々とディスカッションなどを行い改めて浮き彫りになった課題や問題点など抽出出来た点は今でも大きい学びでした。
日頃の業務では学べない方法論や地域の比較・選定など観光業を生業としている者だけでなく行政担当者やコンサルティング業の方々にも 必須のメニューだと思います。

地球市民かながわプラザより秋田県五城目町地域おこし協力隊として 
石田 万梨奈 氏

■地域資源を活かした新しい「観光」のありかたを学べます

地域づくりに関心があるものの、どのような切り口で関わればよいかと考えていた際に、「観光地域づくり」という言葉に惹かれ、受講しました。
これまでの物見裕山的な観光ではなく、地域資源を活かした新しい「観光」のありかたを学べます。
その観光のあり方も実は様々で、豊富な事例紹介とともに、特に各地ですでに事業として観光地域づくりを行われている方々のお話は刺激になりました。
フィールドワークなど、全体の講座を通じて、私自身が地域でどのような役割を担いたいのかを明確にできたのが一番の収穫です。資格を得ることができましたが、もちろん実践なくしてはプロデューサーとは名乗れません。これからがスタートです。
現場において、講座で教えていただいたことを引き出しながら地域づくりにチャレンジし、真のプロデューサーになれるよう切磋琢磨したいと思っています。

持田 崇 氏
前職、広告映像制作PM(プロダクションマネージャー)、工業部品専門商社勤務から地域活性化の担い手へ転身
持田 崇 氏

■本質を学び、企業が何をすればよいか、明確な解を得ることができました

価値とは何なのか…まずそこから考えさせられる講座です。 この「田舎の何もない荒れ地」をどう観光資源として活かすか。講義中そんな問いかけがあるかもしれません。
こたえはありません。
人それぞれ価値観が違うように地域、住民、観光客、歴史、その他、様々な背景によって進む方向性は変わるでしょう。
それを整理し、新たな観光資源の価値創出やしくみづくりによって、継続的に地域の為に観光の力を活かすことを学んでいきます。
必ずしもたくさんの観光客が押し寄せれば成功というわけではありません。ポイントはあくまで継続的に地域の為にというところです。
ご自身が観光地域づくりプロデューサーの資格を取得される頃には、最初に見た「田舎の何もない荒れ地」が違って見えているかも…
講義や多様なクラスの仲間達、地元の方々とのふれあいによって自分の価値観が変わる瞬間を体感して頂きたいです。


講師紹介

竹田 英樹 氏

社会起業大学 営業統括
JTREC旅行電子商取引促進機構理事
財団法人日本余暇文化振興会監修「ニューツーリズム技能者養成講座」講師
日本マーケティング学会所属
ビジネスモデル学会所属
駿河台大学現代文化学部非常勤講師(2012)
経営学修士(MBA)

1965年新潟県妙高市出身。
在学中、国内外へパックパッカーとして放浪。北海道道東、ニセコ、中米など。近畿日本ツーリスト入社後、教育旅行を担当。従来の市場ではなく常に新規市場創造を行うと同時に、地域に対して「観光による地域振興」を実現してきた。2008年よりKNTと角川グループの合同出資の会社である株式会社ティー・ゲート創立のメンバーとしてニューツーリズムの創生を担う。以降、着地型観光の推進事業多数。2014年4月より、社会起業大学の営業統括。

実績:大地の芸術祭公式ツアーweb販売、オーストラリア人と協働でニセコ地域アウトドアプログラム開発、長崎県池島炭鉱ツアー開発、白神山地マタギのエコツアー、沖縄県伊江島における民泊教育旅行事業、河口湖大石地区ペンション村活性化、沖縄東村でマングローブの森を活用した体験企画、北海道道東エリアにおけるプログラム開発、他多数


講座受講に関しての3つの特典

1. SNSでいつでも頼れるサポート体制
受講期間中、SNSでサポートいたします。ちょっとした疑問点など、気軽に質問頂けます。

2. 個別メンタリング
ビジネスプランのブラッシュアップやキャリア相談など、個別のメンタリングを受けることが可能です。(回数制限有)

3. eラーニングの視聴が期間中無料!
50以上の社会起業家の講義をeラーニングで視聴することが可能です。地域活性化に挑戦する社会起業家の事例も学習頂けます。
インターネット接続可能な環境ならどこでも受講可能、ケータイ、スマートフォンでも受講いただけます。
http://socialvalue.jp/elearning/index.html


お申込みこちら


日時

   2014年11月29日(土)15時-18時 他7回

場所

  社会起業大学 MAP

定員

  15名

締切

  11月27日(木)18時まで

費用

 150,000円 (税込価格162,000円)(申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)



お申し込みはこちら   


カリキュラム(全8回)

 
第1回
11月29日(土)
15時−18時
観光と地域の関係@ 「観光は地域おこしに有効な手段となり得るのか?」
地域おこしとはそれによって「地域が活性化すること」ですが、どのような状態を示すのでしょうか。活性化には様々なアプローチが考えられ ますが、「観光」は本当に有効な手段なのでしょうか。サスティナブルな地域活性化を目指した観光のあり方、地域活性化における観光からのアプローチについて学びます。
第2回
12 月13日(土)
15時−18時
観光と地域の関係A 「観光が及ぼす地域へのインパクトを知る」
観光は公害がないといわれますが、本当にそうでしょうか。観光とは地域の資源を利用しそれによって地域へ経済効果をはじめとする様々な効果をもたらす一方で、環境、地域伝統文化、地域住民へ少なくない影響を及ぼします。観光による地域おこしで必要な理念とは何か、どうやってコントロールすればいいのでしょうか。

ケース; ハワイマウイ島とモロカイ島、沖縄県伊江島
第3回
1月10日(土)
15時−18時
観光地域経営戦略  「地域を一つの経営主体と捉えた戦略構築、事業ドメイン」
観光による地域づくりには「着地型の観光商品造成が重要」とされていますが、これはあくまで手段であって、戦略ではありません。観光ビジネスを行う上ではマーケティング、経営戦略の視点が欠かせませんが、それをさらに地域全体として観光戦略を持ち実行しなくてはいけません。一方で地域が戦 略を持つことは現実的でしょうか。戦略とはなにか、地域住民との関わり方も含め地域が戦略を持つことの意味を考えます。

ケース; 黒川温泉
第4回
1月24日(土)
15時−18時
観光地域づくりプラットフォーム

地域の観光ビジネスにおける実行フェーズを、ニューツーリズムという視点でそのビジネスモデルを捉えます。地域にある資源に価値与えて生み出される観光ビジネスとは何か。観光ビジネスが発展する過程と地域の方向性との関連性について。

ケース;雪国観光圏、南信州観光公社

第5回
2月7日(土)
15時−18時
ニューツーリズムとビジネスモデル  「多数の事例から見る観光ビジネスの本質に迫る。」

限られたリソースからスタートし、その後事業として成功させたその理由は何でしょうか。地域資源を利用して事業を成功させた事例を見ながら、そこに事業の普遍性、本質を見出すことができるのか、考えます。

ケース;妙高市アスリート市場創造

第6回
2月28日(土)
15時−18時
ニューツーリズム商品・サービス造成のための具体的、実行レベルの手法
実際に観光ビジネスをスタートする場合、何からスタートするべきでしょうか?実際に商品造成を通じて、事業化・地域おこしへの道筋、ボトルネックの方向性を掴みます。事業計画書、コンプライアンス、助成金利用法、プロジェクト行程管理手法等。
第7回
3月14日(土)
15時−18時
グループで観光ビジネスを立ち上げる模擬演習と発表
一つの観光商品を単体で造成することから地域全体の観光戦略プランまで、実際に稼働できるレベルを目指し、最終的に事業計画書を作成します。出来上がった事業計画は、全体でディスカッションを通じ企画のブラッシュアップを図り、実際の稼働を目指します。
第8回

3月28日(土)

15時−18時

観光ビジネスプランのプレゼンテーション
各人で観光ビジネスの事業計画を立て、プレゼンテーションをします。このプレゼンでの合格者には本講座の認定が受けられます。また最終的には個人として観光事業を立ち上げていただくことが目的となります。
※プログラムは変更される場合があります。

お申込み時の注意事項

■参加申込方法
@以下の申し込みフォームより必要事項を送信していただき、入金が完了した時点で正式申し込みとして受領されます。
A参加証の発行は特にございません。
B参加料は原則として、お申込み後1週間以内に指定の銀行口座へお振込みください。
(振込手数料は貴社でご負担下さい)お振込みが間に合わない場合は、社会起業大学運営事務局まで必ずご一報ください。

■キャンセル規定
開催7日前から前々日(開催初日を含まず起算)の取消・・・・・・・参加料の30%
開催前日および開催後の取消・・・・・・・・・・・・・・・・・・・参加料の全額

■免責事項
天変地異や伝染病の流行、輸送機関等のサービスの停止、官公庁の指示等の本学が管理できない事由により、
研修内容の変更および中止のために生じたお客様の損害については本学では責任を負いかねます。

■ご注意
開催可能な人数に満たない場合は、開催を中止または延期する場合がございます。

■個人情報の取り扱いについて
本校では個人情報の保護に努めております。詳細についてはホームページをご覧ください。
http://www.socialvalue.jp/privacy/index.html

■参加費に含まれるもの
参加申込手続きに必要な費用
授業料

■参加費に含まれないもの
教科書、本校までの移動費用、交通費
個人的性質の諸費用(電話・通信費、コピー代、参考文献の購入代等)


お申込みはこちら


日時

   2014年11月29日(土)15時-18時 他7回

場所

  社会起業大学 MAP

定員

  15名

締切

  11月27日(木)18時まで

費用

  150,000円 (税込価格162,000円)(申し込みを受け付け後、事前にお振り込みをいただきます。)



お申し込みはこちら   



無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ


起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » 「認定 観光地域づくりプロデューサー」養成講座