起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム ≫ カルチュラル・インテリジェンス・コース

カルチュラル・インテリジェンス・コース
〜グローバルに活躍するために必要なチエとスキルを手に入れる〜

 

グローバルに活躍するために必要なチエとスキルを手に入れる

急速なグローバル化は、私たちの働き方を大きく変えています。
国内外・社内外を問わず、外国人や価値観の異なる人々と協働する機会が急増している中、ビジネスや自分の可能性を広げるために、この状況をどのようにとら え生かしていけばよいでしょうか。

このグローバル化の状況をチャンスととらえ、新しいビジネスにつながる道や社会起業家としての強みをグローバル・ステージで生かすための秘訣は、多様な文 化的背景を理解し、効果的に対応できる能力、カルチュラル・インテリジェンスにあります。

本講座では、25年以上グローバル・ビジネスの最前線で活躍する講師が、これからの時代を生き抜きグローバルに活躍するために必要な知性であるカルチュラ ル・インテリジェンスについて理論と実践をバランス良く伝え、各々がグローバル・ビジネスで活躍するきっかけをご提供します。


講師紹介

田中 勇一 氏

正宗 エリザベス 氏

株式会社@ アジア アソシエイツ ジャパン 代表取締役
PSM( オートラリア勲章 パブリックサービスメダル )

1987年オーストラリア貿易促進庁に入庁。東京をはじめ、東南アジア各地のオーストラリア大使館を拠点に東南アジア圏ト レード・コミッショナーとして活動。
外交官として世界の政治・経済・社会の動きの分析と解説に携わると同時に、ビジネスの最前線でも豊富な経験を有する、輸出促進、海外市場参入と新規ビジネ ス開拓のプロフェッショナル。
現在は株式会社@アジア アソシエイツ ジャパン の代表取締役。
豪州の女性起業家支援プログラムの指導者、APECのWLN女性ネットワークの豪州代表を務め、日本ではNPO法人J-WINの女性支援プログラムで活動 する他、異文化理解とCI(カルチュラル・インテリジェンス)を教える講師としても活躍する。
2006年、オーストラリア企業のアジア市場進出促進の功績が認められ、オーストラリア勲章PSM(パブリックサービスメダル)を受章。


ポイント

・ 25年以上グローバル・ビジネスの最前線で活躍してきた講師がその経験の中から体系化した叡智を豊富な経験談を交えながら直接お伝えします
・講座で扱う4つのテーマごとに理論と実践を各1回バランスよく構成していますので、キーワードや理論の本質や背景をしっかりと理解した上で、すぐに実践 につなげられる内容となっています
・受講者各々が直面する課題をテーマにディスカッションやロールプレイを行いますので、講座で学ぶ内容を一人ひとりが明日から使えるスキルとして体得でき ます


本講座の対象者

・海外に拡大・進出したいビジネスパーソン、中小企業経営者の方、社会起業家など
・“インバウンド”の急増をきっかけに外国人相手に新しい事業に乗り出そうとする起業家・ビジネスパーソン
・グローバルなビジネスを営む企業で管理職を目指す中堅社員の方


開講にあたり、プレ講座(体験講座)を下記日程にて開催いたします。

・5月27日(金)19:30〜21:00
・6月3日(金) 19:30〜21:00



お申し込みはこちら    お申し込みはこちら   

お申込みはこちら


日時

   2016年6月10日(金) 19:00〜22:00(受付開始18:30) 他7回(カリキュラムをご確認ください。)

場所

  社会起業大学 MAP

定員

  15名

締切

  定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

費用

  135,000円(税抜) (税込 145,800円)


お申し込みはこちら    お申し込みはこちら   

カリキュラム 全8回講座(2015年6月開講予定)

【テーマ1】カルチュラル・インテリジェンスの紹介と個人的なプロフィール作り

まずはカルチュラル・インテリジェンス(CI)のコンセプトを紹介し、実際にArgonaut(アセスメントツール 英語)を利用し、
個人と国のプロフィールを比較することなどを通じて理解を深めていただきます。

6/10

1回目

カルチュラル・インテリジェンスで異文化の理解を深める (理論)

● CIの基本概念を説明します。

● Argonautというアセスメントツールを利用しCIの構成要素である12ディメンションの意味を説明します。

● 利用条件によって、参加者にも事前に自分のArgonautプロフィールを作って頂きます。

● それらのプロフィール、とArgonautで提供される国レベルの分析を使ってそれぞれの個人差、
  国と国との差を明らかにしていきます。

● 日本人が特有な文化を持つことを他の国々との比較から理解します。

● なぜCIがビジネスと社会で重要なのか、どのような場面で人々の行動が文化によって左右されるかなどを考察します。

6/24

2回目

カルチュラル・インテリジェンスで異文化の理解を深める (実用)

● 1回目の講座で学習したCIをビジネス・シナリオにおいて活用するための方法を具体的に追求していきます。

● 受講者の現状、働く業界、関心を示す海外のマーケットなどを中心に幾つかのビジネス・シナリオを作成します。
  これは、次回以降の講義でも活用できるケーススタディとして利用していきます。

● 特に、日本と海外とのビジネス・文化の違い、その相違点から生じる誤解などに焦点を当てながら、
  参加者同士で「どのような問題点があるか」「どのような解決策があるか」をディスカッションした上で講師からフィードバックをします。

【テーマ2】グローバル・ビジネスの行方

グローバル・ビジネスの現場においてどれだけCIが重要であり、実用的かをより具体的に追っていきます。

7/1

3回目

日本の経済とグローバル・ビジネスとの関係について (一般論)

● 最近の世界、特にアジア地域を中心とした政治・経済の動きを説明し、
  これらの動きによって日本がどのような影響を既に受けているか、今後の見通しも含め考察します。

● 参加者の業界やビジネスと関連性の高い話題を中心に扱い、分かりやすく実感の湧きやすい内容とします。

7/15

4回目

今後迫ってくる危機、そして生まれて来るビジネス・チャンス (具体論)

● 事前アンケートを通じて参加者の業界と関心のある業種を取り上げて幾つかのテーマで
  “危機:機会”についてディスカッションします。
  ディスカッションでは特に、世界で起きているトレンド、業界の変化に日本がどのような役割を果たせるか、
  そして具体的に日本人の起業家やビジネスマンがどのように貢献できるかに焦点を当てていきます。

  例)「AIが職場をどのように変えていくのか」「日本が観光・スポーツなどを通じて
  世界とより統合された経済大国になれるのか」「日本の国際協力のあり方」等。

● それぞれのテーマについてのディスカッションの後、“危機:機会”のとらえ方についても説明し、
  新しいビジネス・モデルやビジネス・チャンスを紹介します。

【テーマ3】ダイバーシティで生まれ変わる日本

なぜダイバーシティがGame Changerであるかを理解し、その影響によって日本国内の社会がどのように変わるかを具体的に考えます。

7/29

5回目

ダイバーシティとはなにか?(理論)

● ダイバーシティの本来の意味を再確認します。

● 私たちは脳のわずか数%しか使っていないと言われていますが、
  ダイバーシティを通してその数%を大きく伸ばすことが出来る可能性について議論し、説明します。

● ダイバーシティが人材のフル活用を可能にし、
  次世代の才能発揮に適していることを具体例で示します。
  ダイバーシティが秘めているGame Changingな潜在的可能性と、CIとの関係も確認します。

8/19

6回目

ダイバーシティの力で日本社会が生まれ変わる(実用)

● 世界の人が積極的に日本にやって来る時代とそのインパクトについてディスカッションし、
  その時のCIの役割と実践方法を具体的にとらえます。

  例えば、移民、難民と外国人労働者、観光客、オリンピック、企業の運営、資本参加、海外留学生等です。
  この時、言葉と歴史の壁を乗り越えるために、日本の精神性の高い文化、独創性に優れた発明と製造の力、
  音楽、和食とスポーツなどでいかに活用するかを考えます。

【テーマ4】グローバル市民としてリーダーシップを発揮するのに必要なツール・ボックスとは?

最後の2講座は今まで学習したことをいかに自分のものにし、今後あらゆる状況においても活用していけるための受講者それぞれの“ツー ル・ボックス”を創っていきます。

9/2

7回目

リーダーシップをグローバルな展開からみる(理論)

● 米国、オーストラリア、アジアの最新のリーダーシップ論の概要を簡潔にご紹介します。

● 強いリーダーの特徴を探り、その理想像を描きます。

● 男性と女性にはリーダーシップ・スタイルの差があるかどうかを探ります。

● リーダーシップを発揮する上で、起業家に求められるもの、
  そして企業・組織で働く人に求められるものはどのように違うか、共通点と相違点を明らかにしていきます。

● 企業文化とリーダーシップとの結び付けを紹介し、特に日本と諸外国との比較をします。

● リーダーシップとCIとの相互関係を考察します。

● グローバル市民にはどのようなリーダーシップ・スタイルが求められ、
  CIをそのスキルの一つとして利用する場面を明らかにします。

9/16

8回目

ツール・ボックスの内容を確かめ、カルチュラル・インテリジェンスを利用する。自信を身につける (実用)

● ツール・ボックスの具体的なイメージ図を描き、講師を含め全員が、
  それぞれのこれまで経験談を踏まえて自分のツール・ボックス(スキル・セット)を共有します。

● ここでロールプレイングを中心に色々な場面でのCIの発揮に挑みます。

● このプロセスを通じて、CIの理解と獲得により自分自身が起業家、又はグローバル市民、
  人々を導くリーダーとして実感できるようになる意識改革をしていきます。

※カリキュラムは 変更される場合があります。


お申し込みはこちら    お申し込みはこちら   

お申込み時の注意事項

■参加申込方法
@以下の申し込みフォームより必要事項を送信していただき、入金が完了した時点で正式申し込みとして受領されます。
A参加証の発行は特にございません。
B参加料は原則として、お申込み後1週間以内に指定の銀行口座へお振込みください。
(振込手数料は貴社でご負担下さい)お振込みが間に合わない場合は、社会起業大学運営事務局まで必ずご一報ください。

■キャンセル規定
開催7日前から前々日(開催初日を含まず起算)の取消・・・・・・・参加料の30%
開催前日および開催後の取消・・・・・・・・・・・・・・・・・・・参加料の全額

■免責事項
天変地異や伝染病の流行、輸送機関等のサービスの停止、官公庁の指示等の本学が管理できない事由により、
研修内容の変更および中止のために生じたお客様の損害については本学では責任を負いかねます。

■ご注意
開催可能な人数に満たない場合は、開催を中止または延期する場合がございます。

■個人情報の取り扱いについて
本校では個人情報の保護に努めております。詳細についてはホームページをご覧ください。
http://www.socialvalue.jp/privacy/index.html

■参加費に含まれるもの
参加申込手続きに必要な費用
授業料
認定試験受講料
認定証発行手数料

■参加費に含まれないもの
教科書、本校までの移動費用、交通費
個人的性質の諸費用(電話・通信費、コピー代、参考文献の購入代等)
認定資格更新に関わる費用




起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム ≫ カルチュラル・インテリジェンス・コース