2014年 夏季・秋季インターンシップ・プログラム

社会起業大学では、これから社会人となる学生及び自分のキャリアに不足を感じる社会人のためのインターンシップ・プログラムをご提供させて頂いております。

社会起業家を支援する業務の一端を体験してもらうことによって、社会起業家が取り組む具体的な事業活動について理解を深めるとともに、社会貢献を実現する働き方や社会問題を解決するための社会の在り方などについて考える機会を提供します。

学生にはインターシップ・プログラムを通じて、「社会貢献を実現しながら働く」ことを体験していただき今後の就職活動や進路を検討する際に役立てていただければと思います。

就職活動がうまくいかなかったり、自分のキャリアに何か不足していると感じたら、社会人向けのインターンシップが一つのきっかけや新しい可能性の扉を開いてくれるかもしれません。

ぜひ、お気軽にお申し込みください。




応募要項

インターン
 2014年夏季・秋季
インターンシップ生の募集要項
 ・社会起業大学事務局運営のサポート
 ・マーケティングアシスタント
 ・社会起業大学学生のティーチング・アシスタント
 ・セミナー/イベント開催時の運営サポート
 ・イベント集客の企画実行

募集対象
 ・社会起業家に関心・興味のある社会人
 ・大学生・大学院生、専門学校生(学年・学科・専門不問)

運営事務局からのメッセージ 将来、起業を希望している方や社会起業家に興味のある社会人・学生にとっては
 とても有意義なインターンシップとなると考えております。ぜひお気軽にご応募ください。
その他
 短期でのプログラム参加の交通費等はご自身でご負担いただいております。ご了承ください。

学習要項
 本学のインターンシップ・プログラムに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 社会起業大学 運営事務局
 E-Mail:info@socialvalue.jp
 TEL:03-6380-8444
 FAX:03-6272-5888

インターンシップにエントリーする

社会起業大学 インターンシップ・プログラムの4つの特徴

ポイント@ 社会貢献事業を体験できる

社会起業大学のインターンシッププログラムでは、社会貢献を実現する働き方や社会問題について 学ぶことができます。 近江商人の三方良しの精神に則り、「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」 の働き方を実現するための哲学を体感できるプログラムです。「働く」とは何か?「仕事」とは 何か? これらのことを考え直す良いきっかけになるかと思われます。 それらを、実際の社会起業家の支援を担うことにより、よりリアルに仕事について体験することが できます。


社ポイントA 個人にあわせたスケジュール調整が可能

社会起業大学のインターンシップは、1人1人の予定に合わせられるのが特徴です。 学業やアルバイトとのバランスを考えて無理のない範囲でインターンシップに参加することが できます。 学校の休み期間の短期集中型や週1回程度で数か月間の長期型など自分に合ったインターンシ ップスタイルをみつけてください。


ポイントB 社会起業家とのネットワークや、社会の先輩との交流

大学ではなかなか出会えない社会起業家とのネットワークを作る機会があります。セミナー などを運営する中で起業家として成功した人々の生の意見を直に聞くチャンスが与えられます。 また、起業家を目指す人々を支える社会起業大学の社員と同じフロアで仕事をするため、社会をより良く するための志を持った社会人の仕事ぶりを肌で感じることができます。また、自分たちのやってい る仕事は社会起業大学学生のためにどんな役割を負っているかなど、分からない点については社員 からアドバイスをもらえます。


ポイントC ビジネスマナーの習得。就職活動に役立ちます

社会人として必要とされるスキルであるビジネスレベルの基本的マナー、ビジネス的思考力 を自然と身につけることができます。 インターン期間に培ったノウハウは今後の仕事や就職活動で有効な武器になります。


インターンシップ・プログラム 参加者の声

インターンシップ・プログラムで感銘に受けたことは何ですか?

―仕事の厳しさや、仕事へ取り組む姿勢を肌で感じる事ができた

プログラム期間中に、田中社長と面談させていただく機会を頂いた。
その中で社長の起業体験談や物事の考え方を聞くことができて非常に実りのある時間になった。

また、就職活動という面で話を絞れば、私はもっと現実を見なければいけないと痛感した。
社会に出た事がないから分からないことがあるのは当然だが、理想を抱きすぎたり甘い考えを持っていたので、
社会の厳しさについてご教授頂いたことに非常に感謝しています。

また社員の方の働く姿勢を傍で見させて頂き、仕事の厳しさや仕事へ取り組む姿勢など肌で感じる事ができて、大変貴重な機会を得る事が出来た。


ここで得られたことと目標に対する成果は何ですか?

―お金だけではなく、人の役に立つために働きたいと思えるようになった。

私が実習中に掲げた目標は「働くとはどういうことなのか?」を知ることであった。インターン実習を通して、まだ不完全ですが、その答えに近づけた気がします。

働くうえで何のために働くのだろう、といった疑問がインターン開始前はありました。お金のためなのか、やりがいのためなのか。やりがいのためならそもそも、やりがいとは何を指すのか?様々な疑問があったが、このインターンを通して私は、社会に貢献するため・人の役に立つために働きたいと思えるようになりました。

社会貢献と言ってもほとんどの企業が、方法は李が江戸も、何らかの形で社会の役に立ち貢献しているというのが事実だと思う。その数ある企業のうちで自分の特性を活かせて自分のやりたいこととマッチした起業を探し働きたいと思います。

また、このインターンにおいて、「フィードバックを行いつつ業務を行う」ということを心がけていました。 普段の私の性格が物事を感覚的にこなしてしまうきらいがあるため、論理的に物事を判断できるようになりたかったので、このような目標を掲げました。

このことに関しては、業務内容の目標値の設定・実際の数値との差異分析の際に心がけて行う事ができました。また、達成できなかった事に対して、 データや数値を用いて判断し、そこから仮説を立てて次の行動に移ることで、自分の行動に自身を持つ事出来るようになりました。


社会起業大学のインターンシップ・プログラム受講を考えている方へ

―自分のアイデアを業務に活かせるので、自分で色々考えて行動したい人に適している。

自分達のやり方次第でプログラムの成果や得られるものが変わるのが、このインターンシップ・プログラムの特徴だと思います。
自分のアイデアをそのまま業務にいかせるので、自分で色々考えて行動したい方に適していると思います!
また、社会起業家の方たちと関わる仕事であるため、今後の就職活動において、自分の労働観・価値観を見つめなおせる良い機会になると思います!


インターンシップにエントリーする

インターンシップ・プログラム 風景


インターンシップにエントリーする

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ