このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年 7月18日(木)19:00 - 21:30

第5回 ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリ

ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリ

ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリは社会起業家を目指す人の発表の場として、奇数月第3木曜日に開催しており、今回はその第5回目になります。

日々の事業活動を一般参加の方にプレゼンすることで、社会的課題を解決する事業を知ってもらう機会とし、共感し合う仲間・支援者を増やします。ソーシャルビジネス グランプリのように、共感カードを使用します。

参加者の自己紹介時間やグランプリ後に交流会を用意しておりますので、発表者だけでなく参加者の事業活動に対しても仲間や支援者を集めることができます。是非ご参加頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

発表者紹介


発表者紹介

一般社団法人 日本姿勢教育協会 理事 碓田 拓磨 氏

一般社団法人 日本姿勢教育協会 理事 碓田 拓磨 氏
日本の健康を変える!! 医療費削減の切り札「姿勢教育指導士」の養成

増え続ける日本の医療費削減を考え、姿勢の指導者を育成する必要性について話をします。今私が「姿勢教育は医療費削減の切り札です」と言ったら笑う方がいるでしょう。そんな人にほど聞いてほしい。どうして姿勢教育が医療費削減につながるのかを理解していただけるはずです。生活習慣病という言葉があるように、体調不良や病気の多くの原因が日常生活にあります。そして普段の「姿勢」がどれほど健康に悪影響を及ぼすのかということが知られてないのです。限られた時間内に何もかもを伝えることはできませんが、12年間の臨床経験と姿勢教育を通してたどり着いた境地の一部を紹介します。一瞬にして姿勢が変わる座り方の極意など、理屈だけでなく、毎日の生活に役立つHOW TOもお伝えします。「たかが姿勢」と思っていた認識が変わります。
HP:http://siseijuku.com/top/public/
NPO法人 Leaves of Grass 理事長 櫻井 正則 氏

NPO法人 Leaves of Grass 理事長 櫻井 正則 氏
精神障がい者・ひきこもりの修学・就労支援で皆が笑顔で働ける社会に!

自身の障がい者支援20年の歴史の中で、彼らの才能を見つめてきた。彼らの障がい特性を理解し、サポートできる体制があれば、彼らはもっと良い形で社会で働くことができる。法定雇用率は2%になった。平成27年からはそれを課せられるのが100人規模の事業所に拡充される。つまり、100人の従業員を抱える企業は、2名の障がい者を雇いなさいということになる。雇えない時は一人につき、月5万円を国に納付することになる。2名雇えなければ10万円を何もしないで国に納付することとなる。だが、企業とすればどのようにしたらよいのかまったく見当もつかないのが精神障がい者であることも間違いない。近年、障がい者雇用移行事業、特例子会社等の業態が注目されている。そのどれもが社会のスタイルに障がい者を合わせていく訓練型の形態である。NPO法人LOGは、その雇用形態を在宅型に特化し、彼らの障害特性を充分に考慮したグループ型就労と言う取組みでイノベーションを起こしていく。
HP:http://log.jpn.org/
NEXT STAGE 代表 平田 真徳 氏

NEXT STAGE 代表 平田 真徳 氏
続・格闘技のチカラで閉塞感を打破せよ!

僕らが様々な力をもらった「総合格闘技」というジャンルが、日本において存亡の危機に立っています。
格闘技に対する並々ならぬ愛情、社会人生活・社旗起業大学等で培ったスキルを駆使して、ファンのため、そして選手のために、日本総合格闘技界を立て直します!
―これまで興行論をベースに語られることの多かった総合格闘技を、競技として確立し、慣れ合い・特定の人間の利権を優先するのではなく、理念型経営を行うことで、単なる一過性のブームではなく、文化として根付かせます!―
ここに辿り着くためのプロセスである現在の進捗状況と、いかにしてそこに辿りつくか?、のシナリオを発表させて頂きます!
HP:http://ameblo.jp/next-stage-mma
PONOプロジェクト 代表 杉本 九実 氏

PONOプロジェクト 代表 杉本 九実 氏
看護と自然の力で、心と体のストレスケア 自分を見つめ直すネイチャーウェルネスツアーへ!

ストレス大国と言われる日本。今、ストレスが原因で発症する心の病気に悩まれている方が急増しています。また、医療系や介護福祉系、IT系などといった、多くの専門職分野で、バーンアウト状態やストレス過多が原因の離職率が急増し、健全な企業体を維持できなくなっていることが、大きな問題とされています。こうした社会的課題の背景には、人々の心の病気に対する予防意識不足と、それを引き起こすストレスに関しての知識不足や対処不足という問題があると考えます。そこで、PONOプロジェクトはこれらの問題に対し、“ネイチャーウェルネスツアー”と題した、看護の力と自然の力を掛け合わせた旅を企画・催行し、それを通して、個々人のセルフストレスマネジメント能力や、生き方の質を向上させるための専門的なプログラムやケアサポートを提供します。ストレスと上手に付き合い、ありのままの自分を大切にすることで、生き方の質を向上させ、心身ともに健康な人があふれる社会を目指します。

日時2013年 7月18日(木)19:00 - 21:30
場所社会起業大学(東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)
※ 学校からのお願い:学校内、学校入口付近、ビル駐車場での喫煙はお控えいただきますようお願い致します。 MAP
アクセス地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
定員50名
費用無料(交流会も無料、軽い飲食をご提供いたします。)
当日の流れ19時00分 社会起業大学から情報提供
19時10分 プレゼンタイム(1人20分×4名)
20時30分 投票時間、参加者自己紹介
21時30分 交流会
持ち物筆記用具、名刺