このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

5月16日(木)19:00-2200

「アスフカケツノ」事業×CSRによる社会との共創共生

社会起業大学では、様々な企業の取り組みを紹介するサステナビリティ実践塾を開催しています。 CSRのためのCSR、一過性のCSRではなく、事業戦略と自社「らしさ」と結び付いたCSRを実現していきませんか?

 

大和ハウス工業は「建築の工業化」を掲げて創業しました。現在では戸建住宅に留まらず 「アスフカケツノ(ア:安全・安心、ス:スピード・ストック、フ:福祉、カ:環境、ケ:健康、ツ:通信、ノ:農業)」 商品・サービスを生み出し、社会に貢献する事業を展開しています。 今回は、事業による社会貢献だけでなく、大和ハウスが掲げている「共創共生」という理念のもと展開しているCSR活動の具体事例をご紹介します。

 


講師紹介

 内田 雄司 氏

内田 雄司 氏
大和ハウス工業株式会社 CSR部 社会共生グループ

1999年大和ハウス工業株式会社に入社。
事業所の決算業務を中心に管理会計や総務業務を担当。2010年からは、CSRレポートの制作や桜プロジェクトを中心とした
CSRコミュニケーション分野を担当し「CSR=企業のファンづくり」という持論の基、さらなるCSRの推進を図っている。


日時5月16日(木)19:00-2200
場所社会起業大学 (東京都千代田区二番町二番平田ビル1階) MAP
アクセス地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
定員20名
費用1,000円
当日の流れ◇参加者自己紹介
◇ゲスト講師による講義、質疑応答
◇グループワーク