起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » セミナー・スタディツアー» 特別公開講座 » 女性の笑顔をふやすため、ソーシャルビジネスで新しいあたり前を創る 〜「家事代行サービス」という新しいインフラはどのように生み出されてきたか〜
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

6月10日(水)19時00分 〜 22時00分

女性の笑顔をふやすため、ソーシャルビジネスで新しいあたり前を創る 〜「家事代行サービス」という新しいインフラはどのように生み出されてきたか〜

今回の特別公開講座では、家事代行サービスの草分け的存在、株式会社ベアーズを創業した専務取締役高橋ゆき氏をお招きします。

「家事をする時間がない女性を、煩わしい家事から解放し、笑顔を増やしたい」という思いから、高橋さんは1999年に日本で初めて、家事代行サービス会社ベアーズを立ち上げました。

創業当初は、「家事は代行できる」という新しい価値観を広げることから始まりました。
予算や目的で細かく選択できる利用プランの充実から、より気軽に安心して頼めるよう、日本初の家事代行サービスの「ギフトチケット」販売を開始するなど、さまざまな工夫を経て、着実に利用者を増加。
近年のワークライフバランスへの意識の高まりもあり、社員向けの福利厚生の一環として、家事代行サービスを法人契約する大手企業も増えました。

高橋さんは、常に自分の「志」を周りに語ることで、「志」に共感してくれるサポーターを増やし、共に志を実現してきた、といいます。
仕事、いや「志事」は「志」を叶える手段であり、「志」のために目の前の仕事があると思えば、必ず人は笑顔でがんばれる。
人事考課では、社員それぞれの「キャリアプラン」ではなく「ライフプラン」を重視し、社員が「志」を宣言する機会を沢山設けているそうです。

高橋さんの「志」は、家事代行サービスを新しい暮らしのインフラとして日本に浸透させること。
そのためには、徹底した「品質管理」「人材教育」が必須と目標を定め、業界パイオニアとして、サービス向上を追求していらっしゃいます。
現在も、多忙な広報業務と兼務しながら、スタッフ教育の最前線の現場に立ち続け、社員、スタッフを毎日笑顔で出迎えています。

本講演では、創業15年を迎えたベアーズの創業の原点、さらには、どのようにその「志」を形にしてきたのか、などを女性社会起業家 高橋ゆきさんにお話いただきます。

いつか起業したい方、何か始めたいと考えている方にとって、背中を押してくれるヒントが満載の講演です!


講師紹介

高橋 ゆき 氏

高橋 ゆき 氏
株式会社ベアーズ 専務取締役

香港在住時に体験したメイドに利便性を感じ、「女性の“愛する心”を応援します」を
コンセプトに1999年、家事代行サービス、育児サービスの株式会社ベアーズを夫が起業。
妻として、専務取締役として創業期を支え、主に同社のマーケティング、広報戦略、人財育成を担当。日本の暮らし方研究家、家事研究家、ワーキングマザーとして、セミナー、講演、新聞、雑誌、テレビなどで幅広く活躍。

日時6月10日(水)19時00分 〜 22時00分
場所社会起業大学(東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)
※ 学校からのお願い:学校内、学校入口付近、ビル駐車場での喫煙はお控えいただきますようお願い致します。 MAP
アクセス地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分 地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
定員募集人数 10名 定員になり次第受付終了 
費用3,000円
当日の流れ19時00分 〜 20時30分 講演  20時40分 〜 22時00分 質疑応答 およびディスカッション  


起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » セミナー・スタディツアー» 特別公開講座 » 女性の笑顔をふやすため、ソーシャルビジネスで新しいあたり前を創る 〜「家事代行サービス」という新しいインフラはどのように生み出されてきたか〜