このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2013年11月15日(金)19:00〜21:00(受付開始は18:30)

地域活性のリアルな現場を学ぶ

「地域活性化ってよく聞くけど、どんな人が何をやっているの?」

地域活性に携わる人たちがどんな経緯で起業をしたのか、どんな理念を掲げているのか、
準備中の苦労や、ぶつかった壁。そしてそれらをどのように乗り越えて現在に至ったのか。
地域活性のリアルな現場の話を聞いて、これからの地域活性をみなさんで考えてみませんか?

 

今回のミニセミナーでは、静岡県三島市で「三島バル」を運営する川村結里子さんにお越しいただきます。

地元メディアでも大きく取り上げられた川村さんは、静岡県内で、中心市街地の飲食店をチケット制で食べ歩き・飲み歩きするイベント「バル」を開催し、地元三島を活気づける活動を行っております。

インテリアコーディネーターから飲食店経営、三島バル実行委員会の活動に至った経緯や背景をお話しいただくと共に、 これから地域活性の道を歩もうとしている方々へ、熱いメッセージをお届けします。 

 

三島バルについての掲載記事@:http://www.socialvalue.jp/news/images/pdf/nikkeimj_kawamura.pdf

三島バルについての掲載記事A:http://www.socialvalue.jp/news/images/img/120412_shizuoka.png


講師紹介

川村 結里子 氏

川村 結里子 氏
三島バル実行委員会

インテリアコーディネーターとして、住宅の営業の仕事に4年間従事。その後、三島にある実家の飲食店を継ぎ、店長として経営に従事。古き良きところを残しながら、若い人達の働ける場所のある三島にしたいという思いから、「三島バル」を開催しました。人通りが落ち込んだ市街地の飲食店を知ってもらい、三島の活性化に繋げる活動を行っております。

日時2013年11月15日(金)19:00〜21:00(受付開始は18:30)
場所社会起業大学 (東京都千代田区二番町二番平田ビル1階) MAP
アクセス地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
定員30名
費用無料