<中川隆志さん>
株式会社アクエスティ 代表取締役副社長

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

今のお仕事について教えてください。

学生時代の友人と工場やビルの制御システムを設計・製作するソフトウェア会社を経営しています。
経営者として会社をすこしでも、働く人たち、お客様、そして世の中にとって「よきもの」にしていくために日々試行錯誤しています。

社会起業大学に入学する前は、どんなことをお考えでしたか?

ちょうど会社が急成長し、お客様から大きな仕事を任されるようになってきた時期でした。

大きなビルにオフィスを移転し、社員数も増え、これから自分たちの会社は次のステージにいくんだ。

そう思って私自身もガムシャラに頑張っていたんです。

 中川さん対話.jpg

しかし、その陰で急成長の歪みが出だしていました。

社員が疲弊していき、入れ替わりが徐々に多くなってきました。

そんな中で、一人の社員がうつ病になってしまったでんす。

 

とても責任感が強く、誠実で何事にも一生懸命な社員でした。

彼は自分の実力以上の仕事を任され、それでも何とかしようと頑張って、頑張って、

全てを一人で抱え込み、ついにその重圧に耐えられなくなってしまっていたんです。

 

会社が成長しても身近な社員たちが疲弊して壊れていく。

 

「オレ、なにしてるんだろ…?」

 

そんな言葉がふと口をつきました。

 

自分たちがやっていることに、

急に自信が持てなくなりました。

 

どうしたらいいんだろう?

毎日のように迷い、悩みました。

 

経営者が悩んでいたら、

当然業績も悪くなってきます。

 

八方塞がりの思いでいたとき、

知人がある本を紹介してくれました。

 

 

「チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える~」
(渡邊奈々 著 日経BP社)

本_チェンジメーカー.jpg 

 

初めて聞く「社会起業家」という言葉。

本の中には、働くことを生きがいとし、社会課題解決にダイレクトに貢献しながらもしっかりと利益を上げビジネスを継続している人たちが何人も紹介されていました。

 

こんなやり方があるのか。

世の中にはこんな人たちもいるんだ。

この社会起業を学んでみたい。

そう思ったんです。

社会起業大学を選んだ理由は何ですか?

早速インターネットで「社会起業」と検索してみました。

すると社会起業大学が出てきたんです。無料体験授業をやっているとHPに書いていたので早速参加して入学を決めました。

 

当時、社会起業をしっかりと学べる場所は他になかったので、

社会起業大学に入学するのは自然な流れでした。

入学してみてどうでしたか?

入学してみると、本当に様々な人たちがいることに驚きました。

 

大企業に勤めている人、小さな会社に勤めている人、お医者さんや格闘家、書道家などそれまでの生活をしていたら出会わないような人たちと繋がることができました。

 

そして、みんな仕事や年齢、背景は全く違うけれど、それぞれに真剣に悩み、少しでも良い社会を創りたいと真剣になっている姿にとても影響を受けました。

 

一人じゃないと思えましたし、

多様な観点からフィードバックをもらえて、

視野が広がり、思考が深まっていくのを感じました。

社会起業大学の魅力は何ですか?

授業やカリキュラムももちろんですが、やはり、志を持つ仲間や経営者と出会えることが最大の魅力だと思います。社会起業大学の授業は非常にディスカッションが多いのですが、相手のための思いながらもしっかりと厳しい意見も言い合える仲間の存在が自分の事業を考えていくうえでとても貴重でした。

 

同期の仲間とは今でもたまに集まってお互いの近況報告をしたり、熱く議論したりしていますし、この仲間たちが今日もどこかで頑張っていると思うと自分自身も頑張ろうと思えるんです。

 

今でも同期の仲間たちは私にとって大きな財産です。

 

今後の展望を教えてください。

私は経営者として今の会社を、自分たちが幸せで、お客様にとって、そして世の中にとっても「よきもの」にしていくことを追求していきたいと思っています。

 中川さん顎に手.jpg

経営に行き詰り、どうしていいかわからず迷った中で社会起業大学に出会い、社会起業を学び、志を持つ仲間とディスカッションを繰り返してきました。

 

その中で、

私は一つの経営指針を見出すことができました。

 

それは、

 

「常に己の誠に照らす」

 

ということです。

 

判断に悩むようなことがあったとき、常にこの言葉を思い出して、決断を下しています。そうすることによってお客様や社員との信頼関係が生まれ、会社も新たな一歩を踏み出せるようになると信じています。

 

社会期起業大学に通い出した頃に比べ、

労働環境も改善し、研修制度も少しずつ整え、お客様の期待に応えられる度合いも徐々に高まっていると感じます。

 

この指針に従い会社をじっくりと育てていきたいですし、社員のみんなが、仕事に誇りを持ち、安心して仕事ができる環境を作っていきたいと思っています。

 


卒業生インタビュー

入学した経緯、社会起業大学での経験などについて

  • NEW

    防衛装備における民間の役割に変革を起こしたい。ーそれが私の社会貢献 小関清志さん

  • NEW

    世界最貧国マダガスカルの世界最高級ラフィアで紡ぐ雇用創出のための未来 絹巻千枝さん



  • NEW

    「好き」が生きる力の源泉 一人ひとりの子ども達が夢中になれる体験を夢中になって届ける 山崎 誠さん



  • NEW

    日本最大のNPOを築いたカリスマリーダーのもとで見える世界 花岡洋行さん



  • 開発途上国での社会起業に挑戦!
    板倉沙織さん

  • 障害や福祉の壁を、サッカーで突き崩す!
    中村祥子さん


  • 被災地で創る若者主体のイノベーション事業
    三井俊介さん

  • 介護福祉の人財育成とイメージアップを図る!
    福島見容さん

  • マスコミの報道品質の向上に挑戦!
    楊井人文さん

  • 意欲ある女性と企業をつなぐ、就労支援事業
    三輪恭子さん

  • 精神障がい者の職を増やし社会復帰をサポート!
    櫻井正則さん

  • アフリカで安心して出産できるクリニックの設立
    杉下智彦さん

卒業生のビジネスプラン

2010年の開校以来、卒業生はすでに400名を超え、60を超える社会起業家を輩出しています。


  • 「若者が町の課題解決に活躍できる」社会を創る
    特定非営利活動法人SET
    理事長 三井 俊介さん


  • 大人のひきこもり オルタナティブ・ライフ・プログラム
    一般社団法人COYOTE
    代表理事 川初真吾さん


  • ミャンマーから医と食で命を繋ぐ
    NPO法人 ミャンマー ファミリー・クニックと菜園の会 名知仁子さん


  • 女性が育児と仕事を両立し、自己実現出来る社会をつくる
    Brilliant Mother 代表
    三輪 恭子さん


  • 個性あふれる社会を創る 「つなぎなおし」プロジェクト
    つなぎなおしプロジェクト
    代表 木戸佑兒さん


  • 学生と社会人で「何のために働くのか」を気楽に真剣に語り合う場
    ハタモク(NPO法人申請準備中)
    代表理事 與良 昌浩さん


  • 介護分野の人手不足を解消し、高齢世代の雇用を創出する
    株式会社かい援隊本部
    代表取締役会長 新川 政信さん

  • ビジネスパーソンがやりがいと使命感を実感できる社会づくり
    都内大手企業 CSR推進委員会事務局長 山田由美子さん