アジア森林パートナーシップ | 【公式】社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学

セミナー

個別相談

資料ダウンロード

メールマガジン

講座案内

セミナー

個別
相談

資料
ダウンロード

メール
マガジン

講座
案内
一覧へ戻る
用語集

アジア森林パートナーシップ

アジア森林パートナーシップとは、日本を始めとするアジア諸国や国際機関、NGO、企業などが協力し、アジアの持続可能な森林経営を目指すもの。

アジア森林パートナーシップの活動内容

2002年にヨハネスブルグで開催された「持続可能な開発に関する世界首脳会議」(WSSD)」において、日本とインドネシアが提唱。アジア、欧米諸国14カ国、8つの国際機関、NGOなどの参加により発足した。
インドネシアなどで深刻化している違法伐採の対策や、森林火災予防、荒廃地の復旧と再植林などの活動を対象として活動している。森林は地球温暖化の一因である二酸化炭素(CO2)の吸収源であり、水源涵養、生物多様性の維持など多面的な機能を持つ。持続可能な森林経営は国際的にも関心が高く、このパートナーシップにはアジア以外にもアメリカやスイス、欧州委員会などもパートナーとして参加。
インドネシアなどで深刻化している違法伐採の対策や、森林火災予防、荒廃地の復旧と再植林などの活動を対象として活動している。森林は地球温暖化の一因である二酸化炭素(CO2)の吸収源であり、水源涵養、生物多様性の維持など多面的な機能を持つ。持続可能な森林経営は国際的にも関心が高く、このパートナーシップにはアジア以外にもアメリカやスイス、欧州委員会などもパートナーとして参加。


【オンライン無料セミナー】
自分らしく社会貢献する起業セミナー
言語化×対話×実践
起業への7STEP