スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

企業の社会的責任

企業の社会的責任とは、CSRの日本語訳。

CSRでは、広い意味で社会的責任を位置付けている。
企業は事業活動を行なう中で、社会的な公正さや環境への配慮などを通じて係わりのある
ステークホルダーに責任ある行動を取るべきだという考え方。
(ステークホルダーとは、消費者、取引先、地域社会、株主、従業員など)

CSR(企業の社会的責任)の活動としては、
 ・安全で品質のよい製品を提供することにより社会に貢献していく
 ・環境に配慮して事業活動を改善していくこと
 ・関連法規が遵守される組織を構築すること
  などが挙げられる。

CSR(企業の社会的責任)を企業に新たな強みを与える鍵として積極的に活用しようという動きが広がっている。
特に欧州では「CSR=企業の競争力強化」という位置づけが一般的に受け入れられつつあり、
大企業を中心にCSRへの自主的な取り組みが盛んになってきている。
また、国の産業政策としてCSRを推進しようとする国まで現れている。(イギリス、フランスなど)

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ