スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

コンプライアンスオフィサー

コンプライアンスオフィサーとは、法令遵守責任者の意味。
企業内で法令遵守のための責任者を置く場合、責任者をコンプライアンスオフィサーと呼ぶ。
最高法令遵守責任者のことを CCO(chief compliance officer)と呼ぶ。
また、この責任者のもとにまとめられる組織のことをコンプライアンス委員会などと呼ぶ。

企業のコンプライアンスに対する重要性の高まりから
日本でもコンプライアンスオフィサーの認定機関などが存在している。

ちなみにコンプライアンスとは、「〜を遵守する 〜の期待に応える(Comply with)」という意味
コンプライアンスは、日本語では、「法令遵守」や「企業倫理」等の意味として訳される。
企業が法令を遵守すること、広く倫理や道徳を含む社会的規範を遵守することを指す。

コンプライアンスの事例
 ・社内ルールの確立や業務マニュアルの整備などによる社員の意識改革
 ・コンプライアンス委員会やコンプライアンス室を設置し、
  コンプライアンスに関する研修や説明会を開催・業務運営を検査
 などの活動が挙げられる。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ