スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

グリーン調達

グリーン調達とは、企業などが自社が使う資材や原料を、部品メーカーなどのサプライヤーから調達するとき、環境負荷の低いものから優先的に選択することを指す。
平成13年4月の「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」の施行により、官公庁でのグリーン調達が実施されるようになった。

製品に使用する部品や資材を選定する際に、価格や品質、納期だけを重視するのではなく、環境配慮(リサイクル可能、長期間使用可能、再生原料の使用など)を調達基準に追加する。それにより供給側をも取り込んだ形で、環境配慮の活動を進めていくという目的がある。関連法には、グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)がある。現在は環境報告書を作成しているような環境問題に取り組んでいる組織と取引を行う場合は、ISO14001取得が有利に扱われる場合がおおい。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ