スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

伝統工芸

伝統工芸(でんとうこうげい)とは長年に渡り受け継がれている技術や技が用いられた美術・工芸及びその品のこと。

日本の伝統工芸としては、「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づき、国(経済産業省指定)が認定する伝統的工芸品。

また、各地方自治体が認定する伝統工芸等がある。
{{Wiktionary|伝統工芸}}

経済産業省が認定する主な伝統工芸品

大館曲げわっぱ(秋田県)
南部鉄器(岩手県)
宮城伝統こけし(宮城県)
会津塗(福島県)
益子焼(栃木県)
江戸木目込人形(埼玉県)
江戸切子(東京都)
京友禅(京都府)
赤津焼(愛知県)
名古屋友禅(愛知県)
名古屋黒紋付染(愛知県)
有松・鳴海絞り(愛知県)
尾張七宝(愛知県)
常滑焼(愛知県)
名古屋仏壇(愛知県)
瀬戸染付焼(愛知県)
加賀水引(石川県)
輪島塗(石川県)
九谷焼(石川県)
加賀友禅(石川県)
信楽焼(滋賀県)
西陣織(京都府)
京焼・清水焼(京都府)
備前焼(岡山県)
熊野筆(広島県)
土佐和紙(高知県)
博多人形(福岡県)
久留米絣(福岡県)
唐津焼(佐賀県)
伊万里(佐賀県)
有田焼(佐賀県)
大島紬(鹿児島県)
琉球びんがた(沖縄県)
京小紋(京都府)
別府竹細工(大分県)

伝統工芸品の種類

陶磁器...「九谷焼」・「備前焼」など
織 物...「西陣織」・「久留米がすり」など
漆 器...「会津塗」・「輪島塗」など
和 紙...「土佐和紙」など
金工品...「南部鉄器」など
木工品...「大館曲げわっぱ」など
人 形...「博多人形」など
こけし...「宮城伝統こけし」など
その他...「江戸切子」など

国の伝統的工芸品指定は、染織品、陶磁器、漆器、木工・竹工品、金工品、文具・和紙、その他。
日本工芸会では、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸。
という区分を行っている。

伝統工芸の特徴

熟練した技が必要
手工業である
日常生活で使われている
代々長い歴史がある

伝統工芸の問題点

若い後継者の不足
:技術の習得にとても長い時間がかかるため、以前は深刻だった。しかし、この問題点は、昨今の生きがい探求の風潮により、改善傾向にある。多くの伝統産業、地場産業の地に、若い後継者が訪れ、労働賃金に関わらず、彼らの生きがい探しの受け皿となっている。
原材料の不足
:国産の物は高く、外国産の原料に圧されている。
値段が高い
:世界で最も高いといわれる日本の人件費を考慮すると、国際的製品価格競争においてはかなり高額といわざるを得ない。
革新と挑戦意識の低下
:長い時間をかけ、改善と工夫によって変化してきた伝統工芸だが、近年では国や自治体からの補助に守られている現状にあって、工芸品そのものも守りの状態に陥ってしまっている。

国からの保護

昔からの伝統工業の技術を、守り、育て、発展させるために「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」が作られた。
伝統的工芸品の指定条件は、以下の通りである。
 
日常生活で使われている工芸品である
手工業である
技術、原材料が100年以上受け継がれている
一定の地域で産業として成り立っている

2006年(平成18年)11月現在、経済産業大臣が指定する伝統的工芸品は全国に207品目あり、国、地方自治体から毎年10億円以上の補助金が投じられる。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ