社会起業大学 ソーシャルビジネスグランプリ 2014夏

政治起業家部門

第9回開催に当たる今大会は、社会起業家の中でも、政治の在り方の変革に取り組む人を表彰する政治起業家部門を新たに設置しました。 主催である、日本政策学校を中心に半年間のフィールド調査の結果、今年最も優れた活動をした政治起業家をグランプリとして表彰します。
受賞者には、活動の実績をスピーチして頂きます。




プロフィール

藤沢 久美(ふじさわ くみ)
シンクタンク・ソフィアバンク代表/法政大学大学院 客員教授


国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。99年同社を世界的格付け会社に売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。07年ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダー」に選出され、30カ国を訪問。静岡銀行、豊田通商等の企業の社外取締役の他、法政大学大学院客員教授、情報通信審議会委員など政府公職も多数兼務。
03年より3年間、NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」のキャスターを務めたのをきっかけに、1000社を超える国内外の元気な企業の経営者のインタビューと現場の取材を行ない、各種メディアや講演を通じて発信している。
主な著書に『なぜ、川崎モデルは成功したのか』(実業之日本社)、『なぜ、御用聞きビジネスが伸びているのか』(ダイヤモンド社)など。

チーム川崎
川崎市経済労働局
川崎市産業振興財団

社会起業家部門

全国からご応募頂いた多数のビジネスプランに加えて、社会起業大学で学習を修了したおよそ300名、
そして、在校生30名の中から事前審査を通過した6名が、社会起業家グランプリとしてノミネート。
当日はグランプリを決定するため、6名がプレゼンテーションを行います。

審査基準

ソーシャルビジネスグランプリ2014夏