社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学


セミナー

個別相談

資料請求

メールマガジン

入学案内

セミナー

個別
相談

資料
請求

メール
マガジン

入学案内
ロッキー林のイロジカルシンキング へ戻る

イロジカルシンキング 2021.07.14

東京オリンピック開催、いろいろ見方や考え方がありますが、僕はこのコロナ禍においても推進論でした。身近な人に話して批判もされましたが、最大限の対策を講じた上で実行すべきだと。それは世界に対して日本が果たせる大事な「役割」だと思うからです。
 
平時にオリンピックを開催し、4年に1度の地上の祭典で各国民がアイデンティティを感じ、他国の存在を再認識し、結果として世界が盛り上がる、、、それは普通のことです。当たり前の話だと思うのです。こんな1世紀に1度と言われる世界的な難局において、やらなくても誰も咎めないでしょうし、それが逆に当たり前だという論調がマジョリティなのも理解できます。
 
もう1年以上にわたり先進国であれ途上国であれ殆どの人々は暗闇の中を理性で自由を制御してきました。今、世界に必要なのは希望ではないでしょうか。スポーツにはそれが可能です。一瞬の打ち上げ花火かもしれませんが、1人1人の競技者が国民に民族に地球人に希望を与えてくれるのです。
そしてそろばん勘定はあえて抜きにしても、プレゼンスの薄れつつあるこの国がJAPAN、TOKYOうまくゆけばSAPPORO、FUKUSHIMAといったコトバを記憶に刷り込んでもらえるチャンスでもあります。この最悪のタイミングだからこそ。
 

さあ、今日も拳を上げて前進だ!