社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学


セミナー

個別相談

資料請求

メールマガジン

入学案内

セミナー

個別
相談

資料
請求

メール
マガジン

入学案内
NEWS & BLOGS 一覧へ戻る

ロッキー林のイロジカルシンキング へ戻る

【 ROCKY通信 】第38回 恩師 村上敦先生!最終編

メールマガジンご購読者の皆様

 

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。

社会起業大学 学長の林 浩喜(はやし ひろき)です。
 

このROCKY通信では、僕が社会起業家の育成・支援に携わっている中での経験や僕自身の人生での学びや考えをシェアさせていただいています。
皆様の起業のお役に立てられましたら幸いです。
 
 

【 ROCKY通信 】第38回 恩師 村上敦先生!最終編

 

先週に続いて恩師村上先生のことを書かせて頂きたい。先生は本当に学生の面倒見が良い方で、年に2度くらい先生のご自宅に招待してくださり、いわゆるゼミコンパを開いてくださった。料理は毎回奥様が作ってくださり、酒も振舞ってくださった。今にして思えば、大変な労力だったと思う。酔っ払ってゲロする奴、裸になって躍りだす奴もいて本当にいい迷惑だったと思う。それ以外にも新歓に追い出しコンパ、一橋大、大阪市大との三商大コンパ、慶應とのインゼミコンパとかも定期的に行われていた。そして温泉旅行や東南アジアへの卒業旅行も。そのような場で、酒を酌み交わしつつ色々な話を聞かせて下さった。 

 

 

卒業後、数年して先生が毎週のように神戸から上京するようになった。たまに誘って下さって定宿のホテルに何度かお伺いした。「今度大学院大学作るねん。社会科学系学部の統合的な大学院で、世界のあらゆる課題に対応できる大学院なんや」「入学試験にはTOEFLも必須で、世界中から学生集める。授業も全部英語やで」「国際協力の専門家を作る学校で、卒業したら国際機関や外交機関や各国の政府で働いてもらうんや」とそれは熱く語っておられた。そして「これは俺のライフワークになるかも知れん」とも。また「男はロマンが大事やで」と、シングルモルトを口に運びつつおっしゃった。当時まだ駆け出しの商社マンだった僕は、ウイスキーの似合う先生に男として尊敬と憧憬を感じたものだ。

 

数年間の上京が続いたと思う。文科省にその大学院大学の設立認可を得るべく掛け合われていたのだ。融通が利かず決断しない官僚にかなり怒っておられることもあった。後で大学関係者や身内の方から聞いてわかったことだが、先生は孤軍奮闘の状態に近かったようだ。当時先生は50代半ばで今の僕と同じくらいのご年齢だ。そして1992年、信念を貫かれて見事ミッションを達成された。校名は神戸大学国際協力研究科(GSICS)というもので、初代学長に就任された。全く新構想の大学院大学で実にチャレンジングな挑戦だった。先生の大事な教えの1つ、”SOMETHING NEW”(前例の踏襲でなく、何か新しいことにチャレンジせよ)を自ら実践して示して下さった。30年近くも経って、改めてその偉業に感動させられると同時に、中原中也ではないが「ああお前は世のために何をして来たのだ?」と自問させられる。

 

GSICSの設立は僕らの卒業後のことなので、OBOGもその経緯はご存知ない方も多いかも知れない。たまたま先生の戦いを何度か見聞していた僕は、その苦行の一端は知っている。そして20代だった僕はその大学院大学がどれほどのものかはわかっていなかったが、今になれば分かる。今世界が最も必要としている学問だ。先生の先鞭にやっと時代が追いついたのだ。偶然にも社起大のコアコンセプトであるSEC METHODにも通じるものがあるのも不思議なご縁を感じる。 

 

 
 

◆ 編集後記 ◆

2度にわたり、私ごとにお付き合いくださり深謝いたします。

その後村上先生は63歳で神戸大学を退官され関西の私立大学の学長をされたのを最後に教職を引退されました。2年前の初夏、ゼミの同期と共に舞子の瀟洒なホテルで久しぶりの宴を設けることができました。先生も車椅子に乗って駆けつけて下さり、禁酒中の身であるにも関わらず大いに鯨飲され楽しそうに語られておられました。

そしてその年明け、先生は御帰天されました。御歳86歳。学者として、教育者として、そして1人の人間として尊敬いや畏敬の念を持てる人に出会えて幸運でした。そして今もあの甲高い声が聞こえて来そうです。「林君、男はロマンやで」

 

さあ今日も拳を上げて前進だ!