社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学


セミナー

個別相談

資料請求

メールマガジン

入学案内

セミナー

個別
相談

資料
請求

メール
マガジン

入学案内
NEWS & BLOGS 一覧へ戻る

【 ROCKY通信 】第34回 岩手県岩手町というメッセージ性

メールマガジンご購読者の皆様
 

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。

社会起業大学 学長の林 浩喜(はやし ひろき)です。
 

このROCKY通信では、僕が社会起業家の育成・支援に携わっている中での経験や僕自身の人生での学びや考えをシェアさせていただいています。
皆様の起業のお役に立てられましたら幸いです。
 
 

【 ROCKY通信 】第34回 岩手県岩手町というメッセージ性

ビール銘柄 岩手県岩手町 三浦さん親子のホップ畑から

昨日、たまたま立ち寄ったセブンイレブンで、横目に面白そうな缶ビールを売っているのが目に入った。どうもセブンイレブンのプライベートブランドのようだ。缶に大きく漢字で「岩手県岩手町」という文字の塊が大きく前面に。漢字だけのゴシック太文字は強烈にアテンションを引かれた。以下、ビジネスフレームのAIDMAモデルで僕の購買に至るプロセスを。その購買判断にかけた時間は1、2秒だったと思う。

 
ATTENTION

今回、パンを買いに立ち寄っただけなのだが、たまたま目に入った「岩手県岩手町」の文字が塊として目に入ってきてその漢字の持つ力感に反応して立ち止まった。ちなみに商品は目線の高さのやや下に陳列してあったから偶然視界に入った。
 

INTEREST

パッケージに使用されている三浦さん親子の描写

次に目に入ったのがデーンと構える農家のじいちゃんの絵とも写真ともつかないアナログな描写。誰だ、このじいちゃんは?いかにも頑固そうなじいちゃんが自信の表情で。その左上には30代と思しき若い男性の絵が。それぞれに手書きのサインが添えられている。白・金ベースの淡白なカラーベースだが、それとは対照的になんだか人間臭そうなストーリー性を感じる。お、確かに「三浦さん親子のホップ畑から」と帯が入っている。持論だが、素人の持つパワーはある意味玄人以上のものがある。
 

DESIRE

背後には緑色のホップとホップ畑と思われる絵が。ホップを見たことがない自分にはキャベツ畑に見えたのだが、この違和感もさらなる関心を喚起したかもしれない。この時点で半分以上は購買の決断をしていた。しかしセブンもうまいよな。ここのところ地ビールの流れが来ているから、一見地ビールと錯覚させるかのようなこのビジュアルとパッケージ。
 

MEMORY

岩手県は過去に数度出張した程度だが、水と空気と人がいいという印象があり、その過去の記憶が潜在意識下で呼び覚まされ、さらにプラスの追い討ちに。これが北海道だと当たり前すぎてサブカルな自分はこのプロセス前で購入ストップしていた気がする。そう考えると地方、田舎の人々は地域の何かがエッジとなってブレークする可能性は沢山あると思う。メモリーまで到達すると、味への期待感も勝手に膨らませつつあった。この辺りは記憶との連動とはいえ瞬時の判断で、大脳が動いている感覚は無かった。
 

ACTION

今回の企画はダブルブランディングになっていて製造元がサッポロビールで、販売がセブンアイということも分かり、サッポロなら味は間違いないだろう、ウンウン、、、イオン系のプライベートブランドなら値段も安いのでは?、ヨシヨシ、、、と勝手に1人で納得し、ロング缶を手に取りレジへ。多分マーケターの仕掛けた通りに引っ掛かった典型的なおバカ消費者だな、と苦笑しつつ勘定した。
 
 

◆ 編集後記 ◆

夜、早速試飲してみました。実に爽やかな飲み口。ホップのフレッシュビターな味わいが前面に出てきていて、コクはあるけど控えめ。そしてほのかな酸味も残ります。ユニークな味覚バランスを楽しめます。どちらかというと夏に飲みたいビールですが、正直とても気に入りました。ビール好きな方には、普段飲みに最適ではないでしょうか。ウイスキーのチェイサーなんかにも良さそう。缶の裏側を見ると、三浦さん親子のストーリーも書かれていました。しかし、1つだけ謎が。このビールの商品名は一体何なのか?あと買う瞬間には気付きませんでしたが、実はこの岩手町の佐々木町長さんは社起大OBでした!

 
さあ、今日も拳を上げて前進だ!
 
 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shakilogo150.png