社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学


セミナー

個別相談

資料請求

メールマガジン

入学案内

セミナー

個別
相談

資料
請求

メール
マガジン

入学案内
NEWS & BLOGS 一覧へ戻る

【 ROCKY通信 】第32回 ジャパン・チャレンジャー・アワードin 鎌倉

メールマガジンご購読者の皆様
 

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。

社会起業大学 学長の林 浩喜(はやし ひろき)です。
 

このROCKY通信では、僕が社会起業家の育成・支援に携わっている中での経験や僕自身の人生での学びや考えをシェアさせていただいています。
皆様の起業のお役に立てられましたら幸いです。
 
 

【 ROCKY通信 】第32回 ジャパン・チャレンジャー・アワードin 鎌倉

昨日、朝から鎌倉の建長寺でジャパン・チャレンジャー・アワードというビジネスコンテストが行われた。前期より社起大講師をして頂いている中川さんが主催団体の理事長だったこともあり、スポンサーもさせて頂いた。

 

テーマは地方創生。7人のファイナリストが諸々のコンセプトを競った。
チャンバラ合戦で日本に500ある城を使ったイベントの企画、
伊賀忍者をレーザー手裏剣で演出体験するイベントの企画、
コスプレで地域キャラクターを創造しイベントする企画、
野菜ピューレを絵の具に見立ててパンに描き朝食を豊かな場にする企画、
地元栽培のホップを材料に、地元産の牡蠣の殻で濾過するクラフト・ビールを醸造するという企画、
鍛冶屋さんのプロデユースする包丁研ぎ特化プロジェクト、
そして地域観光コンサルティングのプラットフォーム作り企画。
いずれも非常に熱く、また動的なプレゼンテーションが印象的だった。

 

今回のイベントの趣旨だったのであろうが、7名中5名が既にローンチされており2名が開始間近だったので、皆さん自信を持ったプレゼンテーションをされていた。たられば話ではないので具体的であり、こちらも聞いていて安心感のあるプレゼンテーションであった。演出はエンタメ系のコンセプトの方が多かったので、かなり凝ったものであったが、それを割り引いても説得力のあるものだったと思う。

 

グランプリには、コノミ・アキラさんというコスプレ地域起こしを提案された女性が選出された。審査員票、オンライン参加票で決まったそうだが、2位のクラフトビールの方と競りに競ったそうである。実は自分もコノミさんに一票を投じた。理由の第一はコスプレと彼女自身が強いパイプで結節されていること。学生時代にスキーでオリンピックを目指していたそうだが、競争に明け暮れるのに嫌気がさし、身も心も疲れたのであろう。ビジネスは協力型で行きたいとのこと。その後、押入れでコスプレやマンガを楽しむのが一番の楽しみになったそうだ。
ご自身、究極のオタクと言われていたが「自分にはコレしかない」とまで言い切っておられた。そして正直に経営ことはよく分かっていないとも。第二の理由として、コスプレは日本が世界に誇る数少ないエンタメ分野でのコンテンツであること。ひょっとすると途轍も無い市場が眠っている可能性もある。まだ荒削りではあるが、経営に強い脇固めをしてくれる人材が現れることを期待したい。そして彼女は得意な創作やイベントオペレーションに全力を注げばいいと思う。

 

敢えて難点を申し上げると、皆さん鰻登りの売上計画でその根拠は少々甘いように感じた。
利益計画も同様。しかしそんなことはさておき、この厳しいコロナ状況下で堂々と前進する7人の方々の成功を心から祈りたい。

 
 

◆ 編集後記 ◆

審査員やスタッフの皆様もお疲れ様でした。建長寺という鎌倉の名刹で行われた非日常空間でのビジコン、とても新鮮で良かったと思います。最近は寺泊とか寺ライブとかお寺を使った企画も多いそうですね。今日は長時間で腰をやられましたが、熱い思いのこもったプレゼンテーションには真剣に耳を傾けました。社起大のOBや現役生にも負けずに頑張りましょう!我々事務スタッフ、講師陣も全力でサポートさせて頂きます!

 
さあ、今日も拳を上げて前進だ!
 
 

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: shakilogo150.png