社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学


セミナー

個別相談

資料請求

メールマガジン

入学案内

セミナー

個別
相談

資料
請求

メール
マガジン

入学案内
一覧へ戻る
メールマガジン|

【 ROCKY通信 】第24回 ニューヨーク公共図書館I

メールマガジンご購読者の皆様
 

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。

社会起業大学 学長の林 浩喜(はやし ひろき)です。
 

このROCKY通信では、僕が “BAGEL&BAGEL” というベーグル専門店を起業した経験や、今こうして社会起業家の育成・支援に携わる経験など、僕自身の人生での学びや考えをシェアさせていただいています。
皆様の起業のお役に立てられましたら幸いです。
 
 

【 ROCKY通信 】第24回 ニューヨーク公共図書館I

ニューヨーク公共図書館

前回に続き、映画ニューヨーク公共図書館について。まずはミーハーネタから。

NYといえば実はPUNK ROCKの震源地なのだが70年代半ば、その中心にいた“パンク・クイーン”と呼ばれるあのパティ・スミスが、またニューウェーブ系パンクの祖エルヴィス・コステロが、いきなり画面に出てきた時は興奮した。2人ともいい感じで歳を重ねており、相変らずカッコ良かった。特にパティは73歳だがカリスマは健在。自由で知的で、程よく角も残っていて。

そして当時NYサブカルの大御所的役割だったアンディ・ウォーホールの話題も。この図書館はアート系の蔵書も自慢で、彼も通い詰めていたそうだ。そして何冊も絵画コレクションを盗んだ足跡まで残っている。今となってはそれも逸話だ。現在も映画監督のスパイク・リーやウディ・アレンがアート関連資料を求めて頻繁に訪れるそうだ。。

 
本作の特徴の1つとして図書館の運営だけでなく、経営の裏舞台にも何度もカメラが入っていった点があげられる。年間400億円超の予算は、NY市と寄付でほぼ半々で成り立っているそうだが、官だけでなく民の要素がしっかりある点でこれは間違いなく“ソーシャルビジネス”と言えると思った。館長やコミッティーメンバーで行われていた予算獲得に関する議論は真剣そのもので、民の側面を強く感じた。

市長が変わっただけで市からの支援は大きく左右されるそうだ。いくら公共図書館とはいえ赤字を垂れ流しであれば、また市民からの評価が芳しくなければ当然予算は削られるであろうし、民間からの寄付額にも影響を及ぼすであろう。その緊張感がこの図書館を利用者にとり魅力的存在であらしめているのだな、と非常に印象に残った。ビジネスの要素がサステナビリティに不可欠なのだと。

 
コミッティーの議論でもう1つ興味深かったのはネット社会との共存姿勢である。21世紀に入り、インターネットが爆発的に普及しグーグルやヤフーといった検索エンジンが世界を席巻し、図書館はもはや無用の長物と言われたそうだ。これは映画館とレンタルビデオ、ネット配信と似た相関図だ。

ところがこの図書館は自らのミッションを「生涯の学びの場」と再定義し、積極的にデジタルコンテンツを自ら作成し利用者が図書館に来なくても良い努力をしたり、ネット環境のない人には機器の貸し出しをしたり、高齢者などにはネットの使いこなし方までサポートする。しかもそれらは全て無料で!

 
その発想の柔軟さには本当に感心した。単なる「本貸しの館」という従来概念では無く、普通の人々のための「生涯学習の場」と捉え直し、新しい時代の環境に合わせる形で自ら変化し、どのような形であれ知や情報の提供を約束するという方向を選んだのだ。これはダーウィンの言うところの進化だ。コロナでさらにライフスタイルが変化し、公共の場のあり方も変化するのだろうが、利用者の顕在、潜在のニーズに応えると言う姿勢がある限り、きっとこの図書館はサバイブすると思う。
 
 

編集後記

この映画に出演している人々はみなリアルな訳ですが(役者ではない)、その多様性(人種、職業、そして多分経歴、収入等)は圧倒的でした。そして全員でシェアされているのが「市民のため、利用者のため」という“For Others”のスピリットでした。中でも社会的弱者と思われる方々への配慮、サポートは見習うべき点が多くアメリカにおける民主主義というものを再認識させられました。そして、フルタイムであろうとボランティアであろうと、皆さんこの図書館に関わっていることに「誇り」を持っておられました。
さあ、今日も拳を上げて前進だ!