【 ROCKY通信 】第227回 SNS再考 | 【公式】社会起業家を育成するソーシャルビジネススクール 社会起業大学

セミナー

個別相談

資料ダウンロード

メールマガジン

講座案内

セミナー

個別
相談

資料
ダウンロード

メール
マガジン

講座
案内
NEWS & BLOGS 一覧へ戻る

ロッキー林のイロジカルシンキング へ戻る

【 ROCKY通信 】第227回 SNS再考

 

メールマガジンご購読者の皆様
 

いつもメールマガジンをお読みいただきありがとうございます。

社会起業大学 学長の林 浩喜(はやし ひろき)です。
 

このROCKY通信では、皆さんが、人生やビジネスのヒントとなるようなお話をさせていただければと思います。

 

皆さんのお役に立てましたら幸いです。


 
 

【 ROCKY通信 】第227回 SNS再考

 

                   SNSを駆使する石丸氏とトランプ氏 (出典:日刊ゲンダイ、毎日新聞)

 

週末の都知事選で最もインパクトがあったのは、元安芸高田市長の石丸伸二氏が第2位に躍進したことだった。その理由がSNSをフルに活用したことにあるらしい。10代から30代までの有権者の得票は小池知事を上回ったそうだ。今の若者が有権者のボリュームゾーンになった時は、汗かき行脚ではなくソーシャルメディア戦略が選挙を制すことになりそうだ。現にSNS先進国のアメリカでは、トランプ大統領は1日にXに30本も投稿しているという。

 

個人的にはSNSはあまり利用していない。検索エンジンで調べ事をする時に辞書替わりに利用するくらいだ。あとはネットニュースを見るくらい。ワン・ツー・ワンのコミュニケーション手段としては一部利用するが、ワン・ツー・メニーとしては殆ど使わない。SNSは当初はコミュニケーションツールとして開発されたのだろうが、今やビジネスにおけるカスタマーリレーションの鍵となっているようだ。広告、商品紹介といったマーケティング領域の大勢を占めている。広告代理店もデジタルマーケティングと称し、そちらの方に軸足を移しているようだ。TVのコマーシャルもかつての力はもう無いようだ。TV自体の力が衰退しているのだから当然か。

 

以前、今は超大手IT企業となった会社の創業者が営業に来たことがあった。20世紀終わり頃の話だ。「これからはネットでモノやサービスの売り買いがされるようになる。林さんも今のうちに当社を使って販路を拡大しましょう」と。僕はそれを信じなかった。反論した記憶もある。そんなことにはならないと。しかしそうなっちまったね。笑 

 

今ですらサービスも含めありとあらゆる商材がウェブ上で取引される時代だ。公共サービスですらそうなるのだから当然だ。就職転職はおろか配偶者探しから彼氏彼女探しすらネット上でマッチングされている。デパートが衰退産業になったのだってそういった大きな時代の変化の余波だ。いずれは学校なども無くなってしまうかもしれないな。「SNSなんて無くても別に困らないヨ」と高をくくっているシニア、プレシニアがこの世から去ればデジタルネイティブ世代が市場標準となり、ますますそうなるのは間違いない。

 

GAFAMといった企業群に支配される世界になるのだろう。24時間365日庶民の生活に入り込んでくるわけだから。「利便性が手に入るのだからそれの何が悪い?」という考えがマジョリティなのだろうが、それは安易で危険な風潮だと思う。リアルなコミュニケーションが不要となる時代とは一体何なのだろう?それって人間辞めますってこと?下手すれば最終的には人間の思考や感情、五感六感までAIベースの世界に支配されるような気がしてしまう。ほとんどSFだな。映画「ブレードランナー」の世界だ。(好きな映画なんですが)

 

いまさらながらだが、部下にFBによる情報発信をしてくれと強要されている。これまで回避してきたので本心では冗談じゃないと思っているが、広報広告の一手段と割り切るしかない。ものごとはやってみないと分からないと自己説得。遅ればせながらトライしてみるか、、、

 

でも俺は決して支配されないぞ!笑

 


メールマガジン登録(無料)はこちら


    【オンライン開催・参加無料】
    未経験からでも目指せる
    自分の才能を生かして誰かの役に立つ起業家へ
    社会起業家入門セミナー