トップ 体験授業 セミナー アクセス
学習プログラム

社会起業家に必要なカリキュラム

自分らしさ × ビジネス × 社会課題解決 = ソーシャルバリュー

社会起業大学は2010年設立以来、400名以上の社会起業家を輩出してきました。

社会をより良くするための事業を生み出す社会起業は、単なる儲けを目指す起業より何倍も難しいのは事実です。だからといって諦めるのではなく、自分の本当にやりたいこと、出来ることで社会をより良くすることに挑戦する多くの仲間が、ここから生まれていることが我々の誇りです。

自分の中にある「想い」、本当の「強み」を磨きながら、真の社会課題を深堀し、最も自分の価値を発揮できる稼げるポイントを見出したとき、社会起業は実現できます。

社会起業大学には、ビジネスを通して本気で社会をより良くすることに挑戦する人々が集い、そして、一人ひとりを徹底的にサポートする環境があります。

先行きに漠然とした不安を持つのではなく、夢と希望が現実となる未来を描き、私たちと共に、未来を創る力を手に入れませんか?

カリキュラムの3つの特徴

1.社会的価値(ソーシャルバリュー)高めるカリキュラム

社会起業大学のカリキュラムは、「自分らしさ」「社会課題解決」「ビジネス」のそれぞれを深め、その重なりを見出すためのカリキュラムです。一人ひとりが自分と向き合い社会と向き合いながら、「真の稼ぐ力」を身に着けます。

2.実践・対話・アウトプットを重視した講義スタイル

定員15人の少人数制クラスで、価値観や志を共有する信頼できる講師や仲間とともに、お互い本音をぶつけ合い、本気でフィードバックし合いながら具体的なビジネスプランをかたちにします。

3.徹底的なサポート体制

ビジネスプランの作成だけでなく、一人ひとりの描きたいキャリアを実現することを支援するためにキャリアとビジネスに精通したカウンセラーが、何度でも個別面談行います。また、卒業生・在校生を中心とした志の高い仲間たちのコミュニティ活動への参加や起業に必要な様々な支援など、徹底したサポート体制が整っています。

特定非営利活動法人 社会起業大学 認定資格
ソーシャルバリュー・プラクティショナー資格制度を 2017年10月より運用開始!

社会起業大学のプログラムに参加し、一定の要件を満たした方には、特定非営利活動法人 社会起業大学 認定ソーシャルバリュー・プラクティショナー(英名:Social Value Practitioner)の資格が発行されます。
詳細はこちら

社会起業大学のカリキュラムの特長

社会起業大学では、目指したいゴールから受講クラスをお選びいただけます。社会課題を解決するビジネスプランを創りたい方は、ミッションマネジメントクラス、起業に向け、ビジネスモデルをブラッシュアップさせたい方はビジネスマネジメントクラス、起業し、事業を軌道に乗せたい方はビジネス実践クラスが最適です。




卒業生の声

国際協力機構(JICA)国際協力専門員(保険医療)人間開発部課題アドバイザー 杉下智彦さん

「Learn」から「Do」へ、一気にギアが入ります!

私は中学生のときに、エチオピア飢餓についての報道を観て衝撃を受け、「医師として発展途上国で働こう」と決めました。 それから医学部に行き、外科医になり、青年海外協力隊員としてマラウイへと旅立ったのです。それから20年、アフリカの20を超える国々で保健医療活動に従事してきました。
マラウイで初めての手術が日本では経験したことのなかった子宮破裂という緊急手術だったこともあり、アフリカでの地域保健活動を通して、だんだんと「医療の力で女性を勇気づけられる仕事をしたい」と思い始めました。そんな想いを胸に試行錯誤する中、昨年日本へ帰国したこともあって、「社会起業」という世界に飛び込む決心をしました。妻がケニアで妊娠し、子育てしてきた経験も私を後押ししてくれました。 「より良い社会を創造していきたい」、という思いを秘めた皆さん。素晴らしい講師陣と熱い情熱を持った同志とともに、夢を実現する旅に出発しませんか?人生の中で、まるでエアポケットに飛び込んだような、きらりと光る素敵な時間が過ごせると思います。ぜひ、一緒に未来を創造していきましょう。

一般社団法人 日本報道検証機構 代表理事 楊井人文さん

強い想いをもってきたら、社会起業大学はその想いが形になるきっかけは色々と提供してくれます。

私はマスコミの誤報を収集、検証するウェブサイトの運営を実質1人で始めました。 2012年3月に「日本報道検証機構」の名前を決め、4月からオープンしたところで、これからビジネスモデルを作っていき、中身のコンテンツも確立させていかなければ、という段階でした。ちょうどそんなときに、日本報道検証機構にきてくれていた学生から、社会起業大学の名誉学長の田坂広志先生の講演に誘われ、参加したところ、田坂先生のお話に深く共鳴しました。この大学に入学して自分の事業を進めていきたいと思い、入学を決めました。
社会起業大学では、先生や同級生の学生の皆さんから質問を受けて自問自答する中で、自分の原体験を見つめ、やりたいことが明確になるまでつきつめることができました。
また、私の事業である、マスコミの誤報を収集、検証するウェブサイトGohooのコンテンツについて、授業で発表したのちに他の学生から思いがけないフィードバックをもらうことができました。
私は当初はGohooは時間をかけて誤報を検証した情報を発信していくつもりでいたのですが、クラスで発表した折に、もっとタイムリーでスピーディーに発表する方がよいのでは、との意見を頂き、なるほどなと思いコンテンツを見直すきっかけとなりました。
社会起業大学は、入学したからといって、やりたいことが見つかる場所ではありません。やりたいことを自分自身で絶対見つけるんだという強い気持ちでなければ見つかりません。ただ、そういう強い想いをもってきたら、社会起業大学はその想いが形になるきっかけは色々と提供してくれます。入学を迷っているのであれば、ぜひ無料体験授業、ソーシャルビジネスグランプリに足を運んで、その空気を感じてほしいです。

NPO法人Leaves of Grass 代表 櫻井正則さん

入学したら貪欲さをもって知識、友人をものにするつもりで是非挑戦してもらいたいです。

私は精神障がい者の社会復帰支援の仕事を社会福祉法人で24年間続けてきました。精神障がいをもった方を見続けてきて、支援の不十分な現状をなんとかしたい、という想いを強くもっていました。
そんな時に、社会起業大学というソーシャルビジネスを起ち上げるためのビジネススクールができるということを耳にして、想いを実現するのにまさにぴったりの場所ができたと思い、すぐさま申込みました。49歳の時です。
社会起業大学を選んで学ぶというのはどういうことかをよく考えてください。お金をかけるのですから、その分成果を出さなくてはいけません。入学したら貪欲さをもって知識、友人をものにするつもりで是非挑戦してもらいたいです。私は社会起業大学の本科生を卒業して、50歳も超えましたが、直観的に自分の事業に必要だと思ったので、先日は社会起業大学に戻って並木先生の単科コースを受講してきたところです。求める気持ちが大切です。ぜひ挑戦してみてください。

トップ 体験授業 セミナー アクセス