2014年3月20日(木)19:00 - 21:30

第9回 ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリ

ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリ

ソーシャルビジネス(ミニ)グランプリは社会起業家を目指す人の発表の場として、奇数月第3木曜日に開催しており、今回はその第9回目になります。

日々の事業活動を一般参加の方にプレゼンすることで、社会的課題を解決する事業を知ってもらう機会とし、共感し合う仲間・支援者を増やします。ソーシャルビジネス グランプリのように、共感カードを使用します。

参加者の自己紹介時間やグランプリ後に交流会を用意しておりますので、発表者だけでなく参加者の事業活動に対しても仲間や支援者を集めることができます。是非ご参加頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。

 

発表者紹介


発表者紹介

藤木 淳 氏

藤木 淳 氏
日本の経験と知恵を、フィリピンの被災地に!
"雇用を創出する事で、復興を支援"

2013年11月8日にフィリピンを襲った超大型台風により、 6,000名以上の死者・28,000名以上の負傷者が出ましたが、 その内の約80%が、タクロバンを含むレイテ島での被害者となっており、街も壊滅状態です。 そんな中、2014年1月以降、日本では現地の状況が報道される事が無くなってきている為、 2月24日〜3月1日に視察した内容を、皆さんに報告させて頂きます。 また、現在、復旧作業が行われていますが、 日本とは違い、国の財政的な支援が少ない事から、 雇用の創出が緊急課題となっている為、 タクロバンにて、雇用を創出する事により、復興をサポートしていきます。 具体的には、インターネットベースで仕事を出来る人達に、 働く場所&設備(PCとネット環境)を提供する事で、働けるようにしていきます。 そして、将来的には、10人の起業家と100人のフリーランスを輩出していきます。
NPO女性支援ネットワークゆあら 代表 竹部 広子 氏

NPO女性支援ネットワークゆあら 代表 竹部 広子 氏
DV被害の女性や子どもが、自分らしく輝き活きるための支援活動をします!

私達は、ドメスティックバイオレンス(DV)被害者、 そして、その環境の中で育ち、幼児虐待やいじめなどで自尊心などを傷つけられた子ども達や トラウマやPTSDなどを抱えながら社会復帰を目指す人達の 『輝く活きる未来を一緒に創る』団体です。
内閣府の調べでは『3人に1人がDV経験があり そのうちの10人に1人が命の危険を感じた。』とあります。 DVや虐待、いじめ問題は、社会問題の中でも大きく取り上げられ毎年件数が増えている重大な問題です。 この問題に取り組み、撲滅を目指す私達の活動を 1人でも多くの方々に知って頂き 一緒に希望のある輝く未来を創れればと願っています。
一般社団法人新興事業創出機構(JEBDA) 理事(設立発起人) 斉藤 学 氏

一般社団法人新興事業創出機構(JEBDA) 理事(設立発起人) 斉藤 学 氏
「新興事業@東北!」をキーワードに被災地発のソーシャルビジネスモデルを創出し、日本の産業構造の転換を実現する!

「復興から新興へ」。JEBDA は東日本大震災の被災地域をはじめ、日本各地にある有望な事業・産業と有力企業の経営資源を合わせて大きな成長を実現し、日本の産業構造の転換を図ることをめざしています。“新興” という言葉には、日本があらためて新興国のみられる emerging な力を取り戻し、ふたたび日の出の希望と力あふれる国になるようにという思いを込めています。 今回は更に加速させるための新規事業として準備中の、JEBDAの目指す新興事業を理解しその実践に取り組む企業人材の育成を行うためのソーシャルビジネス研修プログラム「新興事業@東北!」についてご紹介させて頂きます。本研修プログラムでは「東北復興への貢献」「社内起業家の育成」「世界で通用する ビジネスアイデアの創出」を目的に新興事業 (優れたビジネスチャンス) を見つける能力の獲得を目指します。

日時2014年3月20日(木)19:00 - 21:30
場所社会起業大学(東京都千代田区二番町2番平田ビル1階)
※ 学校からのお願い:学校内、学校入口付近、ビル駐車場での喫煙はお控えいただきますようお願い致します。 MAP
アクセス地下鉄有楽町線 麹町駅5番出口 徒歩3分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅5番出口 徒歩5分
定員50名
費用無料(交流会も無料、軽い飲食をご提供いたします。)
当日の流れ19時00分 社会起業大学から情報提供
19時10分 プレゼンタイム(1人発表20分+質疑応答5分×3名)
20時30分 投票時間、参加者自己紹介
21時30分 交流会
持ち物筆記用具、名刺