起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » ソーシャルビジネスグランプリ 2019 開催報告 協賛

社会起業大学 ソーシャルビジネスグランプリ 2019 開催報告

協賛

株式会社フォーバル

フォーバル様は、「新しいあたりまえ」を創造し、「次世代経営コンサルタント」集団として企業の利益に貢献なさっています。情報通信分野や海外進出分野、環境分野、人材・教育分野などを通じて、経営者の夢や思いをカタチにするべく挑戦し続けていらっしゃいます。 初回(2010夏)のグランプリでは、大久保会長様が審査員長にご就任くださるなど、これまで心強いご支援をいただいております。 本大会では、運営資金をご協賛を頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。

一般社団法人公益資本主義推進協議会

一般社団法人公益資本主義推進協議会様は、「三方良し」「和を以もって貴しとなす」「吾唯知足」という古くから日本に根付く商売の在り方、公益資本主義を日本・世界に広め、世の中を良い方向に変えていくためのきっかけをつくるための活動を行っている、経営者の団体です。
本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


エイチ・アイ・エス

エイチ・アイ・エス様は、旅を通じて「世界平和・相互理解の促進に貢献する」という企業理念のもと、学びの旅、スタディツアーのコーディネーションを行っております。
NPO、企業、学校との協同企画もございますので、一緒にツアーをつくってみたい方、ご興味のある方は、本大会当日に配布するパンフレットのエイチ・アイ・エス様のページをご覧ください。本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


株式会社オルタナ

オルタナ様は、環境とCSRにフォーカスした日本唯一のビジネス情報誌です。環境ビジネス 、企業の社会的責任、社会企業家、オーガニック、フェアトレードなどを推進しています。 本大会では、グランプリの副賞として、オルタナオンライン記事掲載のご協賛を頂きました。


株式会社ゲーム・フォー・イット

株式会社ゲーム・フォー・イット様は、2018年1月に創業、代表取締役の後藤誠様は2018年開催の第14回ソーシャルビジネスグランプリ2018にてファイナリストに選ばれました。様々な社会問題解決を目的とした「シリアスゲーム」というジャンルのゲーム開発を行っている会社です。ゲームの力を活用し、様々な社会問題を「疑似体験」することにより、滅多に起きない災害であっても、危険な訓練であっても、イジメや差別など、どんな困難なことであっても、自らの力で乗り越えて行ける、そんな未来の創造を目指しております。
本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


有限会社サニーシステム

有限会社サニーシステム様は、 「相手を想い 心地よく過ごす手助けを続け フェアで持続的な世の中づくりに貢献する」 という企業理念のもと、東京都あきる野市を中心に30年以上にわたり「空調、住宅設備設計施工」を通じた「町のひだまりづくり」に取り組まれていらっしゃいます。
本大会では、代表取締役の藤井様が社会起業大学の第14期をご卒業されたご縁で運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


小豆島ヘルシーランド株式会社

小豆島ヘルシーランド株式会社様は、300年先までつづく「オリーヴの森」を目指して、オリーヴと共に生きていきます。「オリーヴの森」には、スペイン・アンダルシアからやって来た「樹齢千年のオリーヴ大樹」があり今でも果実を実らせます。長寿で生命力の強い「オリーヴのすごい力」を丸ごと活かすため自社の「オリーヴ健康科学研究所」で日々研究を重ね、特許技術から生まれた商品は、全国32万人を超えるお客様にご愛用いただいております。瀬戸内・小豆島から日本全国、アジア、本場ヨーロッパをはじめ世界へ広がり始めました。
本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


一般社団法人PMI日本支部

一般社団法人日本支部様は、国際的なプロジェクトマネジメントの普及団体であるPMI(Project Management Institute)の日本国内唯一の支部として1998 年「PMI 東京支部」を設立し、その後2009 年に「一般社団法人PMI 日本支部」と名称を変え、国内におけるプロジェクトマネジメントの普及を目的に、さまざまなステークホルダーと共に活動し、2018 年には20 周年を迎えました。
その「協働」は、会員ボランティアや法人スポンサーに支えられつつ、各種イベントや研究会の開催、PMI 出版書籍の日本語訳・販売等を通じて、会員の皆様のプロジェクトマネジメント(PM)スキルの研鑽につながっています。また、プロジェクトマネジメント、プログラムマネジメント、ポートフォリオマネジメント、さらにビジネス・アナリシスやアジャイルなどの啓発へと活動の質的拡大も続けています。
本大会では、運営資金及びグランプリの副賞として PMP有資格者のプロジェクト推進・プロボノ支援をご協賛頂きました。


一般社団法人久野塾

一般社団法人久野塾様は、個を磨き上げ、真のグローバルリーダーとなり、日本・アジア・世界の発展に貢献することをミッションとしています。久野塾の設立当初から7年間、通算42回続いている「ダイアログ」は経験豊富なマネジメント及びトップリーダーの視点を持つ、アドバイザー陣から、塾生に対して優しくも鋭い質問を浴びせ、確固とした意見を求め、同時に、的確な未来に向けてのサポートを行います。本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


株式会社フォーカスシステムズ

フォーカスシステムズ様は、創業以来、公共、通信、情報セキュリティなどの社会性の高い分野のシステム構築、ソフトウェア開発に寄与してきました。
「テクノロジーに、ハートを込めて。」をスローガンに、社員一人一人が人間性と技術力を磨き続け、高度化、多様化するニーズにお応えし続けていく為、蓄積された独自の技術とノウハウに、最先端のテクノロジーを取り入れながら、常に新しいソリューションの創造に努めております。
本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


株式会社ベアーズ

ベアーズ様は、家事代行サービスと育児サポートを通じて、 『女性の“愛する心”を応援します』をチームのスローガンに掲げ、 1つでも多くのご家庭と社会への笑顔の創出に貢献できるチームを 目指しています。本大会では、運営資金及び共感大賞の副賞として ベアーズ・ギフトチケット(おそうじ美人プラチナ 家事代行3時間分)をご協賛頂きました。

株式会社horizonディフェンス

株式会社HORIZONディフェンス様は、 「情報は人をもっと強くする」をモットーに、防衛のプロフェッショナル集団として、企業様や研究所様の製品やサービス、研究成果を防衛省や防衛装備庁にお届けするお手伝いをされております。企業活動を通して安全保障に貢献するという、ソーシャルバリュー(社会的価値)のある仕事を使命として活動しております。 代表取締役の小関清志様は、社会起業大学第15期生として卒業。本大会では、運営資金をご協賛頂き、グランプリ運営にご協力いただいています。


後援

経済産業省


一般財団法人生涯学習開発財団

生涯学習開発財団様は、文部省所管1983年に設立され、心身の健康を基礎にした自立的、創造的な生涯学習に関する調査、研究、研修を行い、もって社会教育の発展に寄与し、生涯学習情報の提供と推進活動をしています。
本大会では、グランプリの副賞として、創業支援金30万円をご協賛頂きました。


NPO法人エティック


日本ベンチャー学会


地域活性学会




起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » ソーシャルビジネスグランプリ 2019 開催報告 審査員紹介