起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » ソーシャルビジネスグランプリ 2017 政治起業家部門
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会起業大学 ソーシャルビジネスグランプリ 2017

はてなブックマーク Google+でシェア
  • イベント概要
  • 社会起業家部門
  • 政治起業家部門
  • 過去の受賞者
  • 審査員紹介
  • 観覧応募
  • プラン募集

政治起業家部門


※参加を予定しておりました、田坂広志名誉会長は諸般の理由により、欠席となりました。
お詫び申し上げます。


速報!NHK「クローズアップ現代」元キャスター 国谷裕子氏が政治起業家グランプリを授賞!!

政治起業家グランプリ授賞の国谷裕子氏と藤沢久美氏による授賞記念対談を開催!

『国谷裕子氏が語る「クローズアップ現代」23年の歩み
― 切り拓いた新たなメディアのあり方、そして、さらなる未来へ ―』


政治起業家グランプリを授賞したNHK「クローズアップ現代」元キャスターの国谷裕子さんと、シンクタンク・ソフィアバンク 代表 藤沢久美さんの対談という、非常に貴重な機会が今回のグランプリの授賞記念対談として実現しました。
普段はなかなか聞けない話が満載のこの貴重な対談をぜひ、会場でご覧ください!
お見逃しなく!


政治起業家グランプリ授賞者

社会起業家の中でも、政治の在り方の変革に取り組む方を「政治起業家」と定義し、
主催であるデモクラシー2.0イニシアティブを中心に半年間のフィールド調査の結果、
最も優れた活動をした政治起業家をグランプリとして表彰してまいりました。



1993年4月から2016年3月までの23年間、
NHK総合で放送された『クローズアップ現代』のキャスターを務め、
現代社会が投げかける様々な最前線のテーマに向き合う。
スタジオでの専門家や当事者への緊張感ある生インタビューにおいて、
相手が権力を持つ政治家であっても、決しておもねらず、また、安易に持論を述べず、
的確な質問を重ねながら、出演者から、問題の本質にかかわる重要なメッセージを引き出すスタイルは、
日本の報道番組のキャスターの在り方に、静かな、しかし、深い変革をもたらした。


国谷 裕子


大阪府生まれ。79年、米のブラウン大学卒業。81年、NHK「7時のニュース」英語放送の翻訳・アナウンスを担当。89年、NHK衛星放送「ワールドニュース」キャスター。93年から2016年3月までNHK「クローズアップ現代」のキャスターを担当。この間、特別番組や「NHKスペシャル」等、報道番組のキャスターも務める。 1998年放送ウーマン賞、02年菊池寛賞、11年日本記者クラブ賞、16年ギャラクシー賞特別賞

藤沢 久美(シンクタンク・ソフィアバンク 代表)

国内外の投資運用会社勤務を経て、96年に日本初の投資信託評価会社を起業。99年、同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズに売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。現在、代表。
07年には、ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダー」に選出され、08年には、世界の課題を議論する「グローバル・アジェンダ・カウンシル」のメンバーにも選出される。
文部科学省参与、政府各省の審議委員や日本証券業協会公益理事などの公職に加え、豊田通商など上場企業の社外取締役なども兼務。
また、国内外の多くのリーダーとの交流や対談の機会が多く、取材した企業だけでも、1000社を超え、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」のほか、書籍、雑誌、テレビ、各地での講演を通して、リーダーのあり方や社会の課題を考えるヒントも発信している。
近著は、『最高のリーダーは何もしない』(2016年2月)。『なぜ、川崎モデルは成功したのか?』など著書多数。



事前申込みは締め切らせていただきましたが、
当日のご参加も歓迎しております!
直接会場受付までお越しください!!

過去の受賞者

元サッカー日本代表監督
株式会社今治.夢スポーツ 代表取締役
日本エンタープライズ 社外取締役
城西国際大学特任教授

岡田 武史 氏

岡田氏は、四国サッカーリーグのFC今治オーナーに就任し、サッカーチームを強くするだけでなく、地域に愛されるチームとし今治の活性化に貢献していくことで、地方創生のひとつの形 を示されています。また、加えまして、環境教育活動を各地にて精力的に展開されてきました。
このような分野を越えた活動が評価され、この度の受賞となりました。

一般市民のパブリック・アクセスの実現に向けた投稿型ニュースサイト「8bit News」/『みんなの戦争証言アーカイブス』

堀 潤氏

ジャーナリストとしてテレビ、ラジオの報道番組でキャスターをつとめる他、新聞、雑誌、webなど複数のメディアで自らの取材による連載記事などを執筆。一方で市民が誰でも自由に電波を使える権利、パブリックアクセスの国内実現を目指し市民が自ら取材、撮影をして発信する投稿型ニュースサイト8bitNewsを運営。TOKYOMXと提携し投稿動画を元にしたニュース番組を立ち上げると共に、毎日新聞との共催で女性たちの発信力向上を目指すワークショップ「毎日女性会議」を運営。昨年暮れからは戦後70年を前に戦争証言を集め無料で公開する「みんなの戦争証言アーカイブ」を立ち上げた。

ソーシャルビジネスグランプリ 2014夏 政治起業家グランプリ
地域振興の一つの成功モデル「チーム川崎」による地域の中小企業の事業革新を支援する「オープンイノベーション」

藤沢 久美さん
藤沢久美さんとチーム川崎

グランプリ プレゼン動画:https://www.youtube.com/watch?v=-vidxtB1ZIk


川崎市役所を中心とする「チーム川崎」は、川崎地域周辺の財団、大企業、金融機関、大学などの力を結集し、地域の中心起業の事業確信を支援する「オープン・イノベーション」を進めてきました。藤沢久美は、「チーム川崎」とともに、川崎地域の様々な中小企業を訪問し、その優れた活動を、「なぜ、川崎モデルは成功したのか?」という著書にまとめ、この「川崎モデル」を地域新興の1つの優れたモデルとして全国自治体へ広めるという活動を進めています。

ソーシャルビジネスグランプリ 2014冬 政治起業家グランプリ
クラウドガバメントラボで「誰かに任せる民主主義から、自分で決める民主主義へ」

伊勢谷友介さん
株式会社リバースプロジェクト

2年前からクラウドガバメントラボの活動を開始しました。宇宙から見れば、今人類がしていることは自らの地球環境を壊す愚かなことです。みんなが諦めてしまって、行動していないのが現状を生み出しています。その現状を解決していくために、消費についての提案をしていきます。生産量を消費量以下にを抑え、地球環境の破壊を止めていく。次に人類の成長を促していく。子孫を思うことができる人間を育む活動を行います。個人を成長させ、人類という種が成長するには議論し、解決方法を見つけ、行動できるようにしていく必要がある。それには政治こそが解決に有効である。政治屋さんが活動し、それを傍観しているというのではなく、自らが解決できることを発見していく。具体的な活動としては地域の課題を知り、地域の住民と行政とで解決していっている。多くの自治体、市民と協力し、新しい地域政治を作っていきたい。自らの環境を破壊する種から創造する種へと変わっていきたい。

事前申込みは締め切らせていただきましたが、
当日のご参加も歓迎しております!
直接会場受付までお越しください!!

はてなブックマーク Google+でシェア
  • イベント概要
  • 社会起業家部門
  • 政治起業家部門
  • 過去の受賞者
  • 審査員紹介
  • 観覧応募
  • プラン募集


起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム» ソーシャルビジネスグランプリ 2017 政治起業家部門