トップ 体験授業 セミナー アクセス

あ、おれってこんな奴だったんだ【学生ブログ】


私の名前は眞部陸冶です。性別は男。年齢は23.趣味はバイクのツーリングと読書。
今まで司法書士試験を目指して何年か勉強していましたが、今年の試験に落ちたことがきっかけで、いろいろ考えるようになりました。

「おれは司法書士に本当になりたいのか?」
「おれの好きなことってなんだ?」
「おれって将来どうなりたいんだ?」

こういった不安を、たまたま申し込んだ社会起業大学の無料相談でぶつけました。
そして社会起業大学とはどのような場所なのか教えて頂きました。入学を決意した経緯はそんな感じなのです。

さて、皆さんは自分のことについて、深く考えたことがあるでしょうか?
自分の過去は? 今までの思い出で印象に残った出来事は? 周りから褒められたことは何か?
自分の特技は? 夢中になったことは? 自分の理想は? 理想の状態と現状のギャップは?
何に対して憤りを感じたか? どんな社会になっていたら嬉しい?

他にもさまざまあります。これらのことについて考え、悩み、周りと相談し合ったことがあるでしょうか。
ちなみに私はありませんでした。そう、社会起業大学に入るまでは。

社会起業大学では、自分らしさ、社会貢献、ビジネス力について、徹底的に洗い出します。
ときには一対一で、ときには3,4人で。自分の話をして、相手からフィードバックを受けたり。
相手の話を聞いて、自分がフィードバックをしたり。何回も、何回もワークを繰り返します。

こういった活動を通じて、自分は
「あ、おれってこんなやつだったんだ」
とハッとする経験を多く得られるようになりました。

自分に対して正直な感想を述べてくれる。そのような経験は普段の生活では、まずないでしょう。
それどころか、自分の話すらまともに聞いてもらえないことのほうが多いかもしれません。

しかし、社会起業大学ではそんなモヤモヤ感はありません。
ワークを通じて自分の話をしなければなりませんし、また、他者の話に真剣に耳を傾けなければなりません。
それにより、
「自分はひょっとして、意外な分野に才能があるんじゃ?」
「違う! 私が本当にやりたいことはこれじゃない!!」
といったように、さまざまな気付き、発見が生まれます。
一人で悶々と考え、悩んでいるだけでは得られないような経験を、社会起業大学では得ることができます。 そして、自分も、クラスメートも、ともに成長していきます。

かくいう私は、入学するまで、自分の好きなこと、やりたいことがはっきりとしませんでした。
しかし今は違います。
私は、人の悩み、抱えている問題を聞き、それらを整理し、まとめられるように質問をする。
そして人が自分のやりたいこと、理想に対してフォーカスできるようになることが好きです。

そうして人が笑顔になってくれれば私も笑顔になります。さらに、感謝されれば私は最高にうれしい気持ちになります。

今後、私は上記の「好きなこと」をもっと磨いていきたいと思います。今後は多くの人と出会い、話を聞きたいと思います。
皆さんも、
自分の理想に近づくためにはどうすればいいのか。自分のやりたいことは何なのか。
そういったことで悩みを抱えているのであれば、社会起業大学の門をたたくことをお勧めします。

ミッションマネジメント土曜クラス 眞部陸冶



トップ 体験授業 セミナー アクセス