トップ 体験授業 セミナー アクセス

社会起業大学に入学して、今思う事【学生ブログ】

長年、介護士の仕事をしてきた自分は、やりがいと疲弊の中で行く末を案じ、自分の仕事を作りたいと思うようになった。
若くもないのに何甘い事を考えているのか?とも思うのだが、今年に入ってから自分が望まない組織の中で残りの人生を使うのが嫌になった。
現状のままを望まないならば、自分は何を望んでいるのか?何をやりたいのか?

仕事を辞めるという自分なりに大きな決断をし、ゆったりとした時間を過ごせば、それは自然に湧き上がってくる?という淡い期待を抱いていたが、一向に湧いてこない。
そこで、いろいろともがいている時に、社会起業大学にたどり着いた。

20年近く、福祉の仕事しかしてこなかったので、自分にはビジネス的な視点というものに欠ける。
しかし、今後新しく自分の仕事を作りたいと考えるならば、ビジネスの勉強は切り離せない。
現状を打破したいけれど、自分の経験やマインドは捨てたくない。
お金を稼ぐという事について学びたいけれど、知識をインプットするだけの学校には行きたくない。

社会起業大学は、そんな自分のニーズにピッタリだった...。
というのは錯覚で、無料体験授業で自分の考えを肯定してもらえた嬉しさから舞い上がってるだけだろ!
と一回自分を落ち着かせ、自宅に持ち帰り入学の検討を重ねた。

結果、選択をプラスに変えるのもマイナスに変えるのも自分次第だし、
この学校を活用する事は価値あるものだという考えに至り、入学を決断した。


7ef4525591e883b19a0c76fe49f2c0fa_s.jpg

入学してみて思うのは、自分と向き合う時間がかなり増えたという事。
多分一人では出来なかったであろう。
自分の内面を深く追求し、実際に動きながら、さらに自分と向き合い、やりたいことを探求し、ビジネスに結び付ける。
まずは実際に自分でイベント開催をするところから始めようと現在企画中だ。

自分は何がしたいのか?自分は何が好きなのか?学生時代でもないので、現時点での自分の進むべき方向性は理解しているつもりだ。
ただ足りないのは「行動」であり、わかっていないのは「行動の仕方」だ。

動き出すきっかけとして社会起業大学は素晴らしい。特に福祉分野での経験しかない自分にとっては入りやすかった。
何よりも重要な事は、自分で決めて自分で動く事である。その為に、社会起業大学を最大限に活用したい!と今考えている。
そして、志のある様々な方々と出会えた事に感謝し、自分で自分を幸せにしてあげたい。

ミッションマネジメント火曜クラス 16期生 大森 仁志



トップ 体験授業 セミナー アクセス