スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法とは、2005年1月から施行された自動車リサイクルをメーカー、消費者に義務付ける法律で、「循環型社会形成推進法」の理念に基づき制定。

自動車リサイクル法の概要>
使用済自動車(廃車)から出る有用資源をリサイクルして、環境問題への対応を図るための法律。現状のリサイクルの障害となっている部分について、自動車メーカーがリサイクルの責任を果たすこととなる。
・エアコンの冷媒として使われており、大気放出されると地球環境を破壊する「フロン類」
・爆発性があって処理の難しい「エアバッグ類」
・使用済自動車から有用資源を回収した後に残る大量の「シュレッダーダスト」
の3つについて自動車メーカーがリサイクルすることになる。

自動車リサイクル法の料金について>

リサイクル料金は、自動車メーカーが定め、公表致する。リサイクル料金は、使用者が負担する。
支払い時期は、新車の場合は「新車登録時」に、既販車の場合は「法施行後の最初の車検時」に、車検前に廃車される場合は「廃棄時」になる。料金は自動車リサイクル法に規定された資産管理法人([財]自動車リサイクル促進センター)が管理・運用する。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ