スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

森林破壊

森林破壊とは、人間の活動により森林が減少しているという環境問題
世界の森林は、地球の陸地面積の約30%を占め、2000年現在約38.7億ha(ヘクタール)ある。しかし、熱帯林を中心に森林面積が減少しており、国連食糧農業機関(FAO)の「State of the World’s Forests 2001」によると、1990年から2000年の間に、毎年940万haもの森林が減り続けている。

森林破壊の原因>
熱帯林の減少の原因としては、伝統的な焼畑農業に加え、人口増加により新たに流入した住民による過度の焼畑耕作、薪炭材の過剰な採取、農地などへの転用、違法伐採などがあげられる。また大規模な森林火災によっても、森林がなくなっている。1997年から1998年のブラジルとインドネシアの森林火災では、それぞれ200〜300万はの熱帯林が焼失した。熱帯林だけではなく、シベリアなどの森林でも、過度の伐採による森林減少が進行している。
森林は、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の吸収源であり、これらの森林減少によって大気中の二酸化炭素の増大が懸念されている。また野生生物への影響も深刻で、種の多様性が急速に失われている。

森林破壊への対策
熱帯林の減少を防ぐため、国際熱帯林木材機関(ITTO)や国連環境開発会議(UNCED)などが生態系の維持や森林の管理・保全を目的としたプロジェクトや声明を発表している。また、世界各国の企業やNGO、市民団体などが植林活動を行っている。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ