スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

硫黄固化体

硫黄固化体とは、骨材を硫黄で固めた新しい建材。

硫黄固化体の特徴>
セメントコンクリートに比べて強度が高く、遮水性に優れ、耐酸性が高いといった特質を持つ。水に溶けず、化学的にも安定した固体である硫黄だが、約120〜160度に熱すると溶解し、冷えると再び固化する性質がある。硫黄固化体はこうした性質を利用している。

硫黄固化体と環境保護>
骨材としては、ホタテの貝殻など漁業系廃棄物、製鋼スラグなど産業副産物などの利用が可能とされている。また、環境保全の観点からガソリンに含まれる硫黄分の低減が進んでおり、この除去された硫黄も再利用できる。さらに、下水道施設のように通常のコンクリートでは腐食しやすい施設への活用が期待される。加えて、セメントコンクリートがアルカリ性であるのに対し、ほぼ中性であるため、藻礁や漁礁に適するという報告もある。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ