スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

ダイオキシン

ダイオキシンとは、非常に強い毒性を持つ化学的な構造が似た一連の物質につけられた名称。合計222の物質がダイオキシンの性質を有している。発生源は、「農薬」と「PBC」と「ごみ焼却」の3つ。最も毒性の強いものはサリンの100倍とも言われており、子孫に及ぼす影響は深刻である。環境中にあるダイオキシンの最大の供給源は土壌に残っている農薬である。田畑で使った農薬が雨などで流れ出し、川を下って海に流れ出し、湾内にたまりヘドロとともに沈殿している。このため食品の中で含まれる濃度が最大のものは沿岸でとれた魚と言われている。ダイオキシンは空気中にも存在するため完全に避けることはできないが、野菜や果物、キノコや海藻に含まれる食物繊維は腸内の有害物質を吸着して便とともに対外に排出してくれる。特に緑色をした野菜に含まれるクロロフィルという色素は、肝臓にたまったダイオキシンを体外に排出してくれる効果が期待できる。

ダイオキシンと小腸
ベンツピレンやダイオキシンなど環境ホルモンと呼ばれる有害物質が小腸にたまり、ダイエットに良いとされる栄養素の吸収を妨げる。小腸の取れにくい有害物質を解毒(デトックス)、排出する食材と効果的な摂取方法は緑黄色野菜、特にニラに多く含まれている。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ