スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

遺伝子組み換え食品

遺伝子組み換え食品とは、遺伝子組み換え技術で作り出した作物や、その作物を原料として使った食品。

遺伝子組み換え食品の例>
特定の除草剤を分解する性質を持った細菌から、その性質を発現させる遺伝子を、大豆の細胞に挿入することで、その除草剤に強い大豆が偶然作り出されている。
遺伝子組み換え技術を応用した食品は、除草剤耐性の大豆や殺虫性のトウモロコシなどの農作物と、遺伝子組み換え大腸菌に作らせた牛成長ホルモンのように、組み換え体そのものを食べない食品添加物のようなものに分けられる。

<遺伝子組み換え技術と従来の品種改良との違い>
遺伝子組み換え技術を応用することで、生物の種類に関係なく品種改良の材料にすることができるようになった。従来の人工交配による品種改良でも遺伝情報は混ぜられており、また人工的に起こした遺伝情報の突然変異を利用することもある。しかし、生物の「種の壁」を越えることはできなかった。
遺伝子組み換え技術が従来の品種改良と異なる点は、人工的に遺伝子を組み換えるため、種の壁を越えて他の生物に遺伝子を導入することができる点です。結果、改良の範囲が拡大し、改良期間の短縮が可能となった。

遺伝子組み換え食品の安全性>
・挿入遺伝子の安全性(急性毒性)
・挿入遺伝子により産生される蛋白質の有害性の有無(急性毒性)
・アレルギー誘発性の有無(既知のアレルゲンと似てない)
・挿入遺伝子が間接的に作用し、他の有害物質を産生する可能性の有無(姿、形の変化の有無)
・遺伝子を挿入したことにより成分に重大な変化を起こす可能性の有無(主要成分の大きな変化)
 等を開発企業の提出した書類によって審査しています。第三者機関による試験は実施していない。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ