スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

エアロゾル

エアロゾルとは、大気中に浮遊している固体あるいは液体の微細な粒子のこと。

エアロゾルの種類>
自然発生したものから、人間活動によって生成されるものまで様々な種類ある。
中国の黄砂、火山灰、海塩粒子、土壌粒子、ディーゼル黒煙、たばこ煙、アスベスト粒子など。

エアロゾルの影響>
雨や雪の凝結核として欠かせないものであるが、炭鉱などで多量にエアロゾルを吸入すると「じん肺」と呼ばれる病気にかかることがある。最近では、ディーゼル自動車の排ガスに含まれる黒鉛粒子が話題となった。また、エアロゾルが大気中に増えると、太陽光を反射して地表面に到達する量を減らし、地球は寒冷化することになるため、気候変動にも大きな影響を与えると言われる。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ