スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

インターンシップ

インターンシップとは、学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度。

大学本科生では3年次の夏・春の長期休暇中に行く事がほとんどで、3年秋から本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積むことで、就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的もある。就職サイトでも、従来の就職情報に加え、インターンシップ情報も提供するサイトが増えている。
また、近年では大学院、短期大学、高等専門学校、高等学校(特に職業高等学校)でもインターンシップ制度の導入が進んでいる。

基本的には社会勉強ということで、労働賃金は払われないが、企業によっては払われるところもある。学校によっては単位が認定される。最近は一年生から募集しているところも徐々に増えている。

アメリカでは、企業が学生を大学入学時から職場体験させ、卒業するまでに技術を入社時に必要な水準まで引き上げる。大学院まで進学する学生に対しては、研究活動を様々な面でバックアップし、入社後に研究を継続させることもある。給料も支給されるため、日本の大学生のようにアルバイトをすることなく、就業訓練を積むことができる。

ただ、研修先は学校側で決めることが多く、学生の意見が必ずしも生かされないことから、希望していない企業や職種へ行かされるとトラブルになることがある。
そのために、個人でのインターンシップも増えつつある。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ