スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

経営戦略

経営戦略(けいえいせんりゃく、{{lang-en-short|business strategy, corporate strategy、management strategy}})は、組織 (社会科学)の中・長期的な方針や計画を指す用語である 用語を用いる文脈が経営に関連することが自明である場合には、単に戦略と表現することも多い。例えば「A社の経営戦略は...」と「A社の戦略は...」は、全く同義である。

定義・意味

経営戦略という用語は、「企業の長期的な方針」「具体的な経営目標とそれを達成するための手段」など様々な意味や使われ方を持つ、ある種のバズワードである。上で挙げたように、対応する英語も複数存在する。用語が用いられる文脈や利用者の意図によって意味が異なる場合があるので、注意が必要である。学者・研究者たちによる定義には、以下のようなものがある。

「持続的競争優位を達成するためのポジショニングを構築すること」(De Kluyver and Pearce, 2002)Cornelis A. De Kluyver and John A. Pearce, Strategy: A View from the Top, Prentice Hall College Div, Aug./2002.(大柳正子訳『戦略とは何か』東洋経済新報社、2004年12月).

「企業が考えた競争に成功するためのセオリー」(Barney, 1996)Jay B. Barney, Gaining and sustaining competitive advantage, Addison-Wesley Pub, May/1996.

「企業を取り巻く環境との関わりについて、企業を成功に導くために何をどのように行うかを示したもので、企業に関与する人たちの指針となり得るもの」(淺羽、2000)淺羽茂「経営戦略」、岡本康雄編著『現代経営学への招待』、中央経済社、2000年

「市場のなかの組織としての活動の長期的な基本設計図」(伊丹、2003)伊丹敬之『経営戦略の論理』、日本経済新聞社、2003年11月(第3版)

形容詞的用法

ある企業の経営戦略において重要な要件や行為を、戦略的と表現することがある。例えば「戦略的投資」や「戦略的提携」などと言う場合には、それらが経営戦略の遂行上重要であることを意味する 企業のアニュアルレポートなどに、これらの用法を見つけることができる。
全社戦略・事業戦略

企業が複数の事業を保有していたり、複数地域で事業を展開していたりする場合、戦略を策定・実行するレベルに従って区別されることがある。

事業の取捨選択や複数事業間における資源配分など、企業全体・企業グループ全体に関わる企業戦略を、全社戦略(corporate strategy)と呼ぶ。
個々の事業単位でどのように優位性を構築・維持するかに関わる戦略を、事業戦略(競争戦略、business strategy)と呼ぶ。

機能別戦略

それぞれの機能(生産、マーケティング、財務、人事など)ごとに戦略が策定される場合もある。これを機能別戦略(functional strategy)と呼ぶ。例えば以下のような機能別戦略がある。

マーケティング(:en:Marketing strategies)
財務戦略
人事戦略
営業戦略

その他の戦略

ある特定の目的や方針を実現するための手段や計画を、戦略と言い表すこともある。一般的には、目的や領域を表す言葉の語尾に戦略とつけて表現する。例えば以下のような戦略がある。

成長戦略
顧客獲得戦略
知的財産戦略
IT戦略
技術戦略

戦略的経営

経営戦略の策定・実行・評価のプロセスを、戦略的経営 (strategic management) と呼ぶstrategic managementを経営戦略と訳す場合もある。。戦略的経営は、以下のようなプロセスからなるLamb, Robert, Boyden Competitive strategic management, Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1984。

戦略の策定
自社や競合相手の内的要因(能力や資源など)、自社や競合相手を取り巻く外的要因を分析・評価する。
上の評価に基づいて、目標を設定する。目標は、レベルに応じて長期的なものから短期的なものまでありえる。
それらの目標を達成するために必要な計画や手段を定める、戦略を策定する。

戦略の実行
戦略の実行に必要な資源を配分する。
命令系統(階層構造)もしくはそれに代わる何らかの構造(例えばプロジェクト・チーム)を確立する。
権限と責任を組織内のグループやメンバーに割り当てる。
プロセス遂行を管理する。必要に応じて追加的に資源を配分したり、プロセスを変更したりしていく。

戦略の評価
バランスト・スコアカードやSWOT分析などを通じて、戦略の有効性(合理性、実行可能性、正当性など)を評価する。
戦略が有効でないか、状況の変化などが生じた場合には、必要に応じて戦略を変更・再策定する。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ