スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアは、誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディア (媒体)である。

概要

ソーシャルメディアは、インターネットやウェブに基づく技術を用いて、
ブログやtwitterのつぶやきのような一方方向の独り言を多くの人々に伝えることによって、
多数の人々が参加する双方向的な会話へと作り替える。
ソーシャルメディアは知識や情報を大衆化し、大衆をコンテンツ消費者側からコンテンツ生産者の側に変える。
商業的なソーシャルメディアとは、User Created Content (ユーザ生成コンテンツ; user-generated content)や
Consumer Generated Media (消費者生成メディア; consumer-generated media) を指す。
Andreas Kaplan と Michael Haenlein はソーシャルメディアを
「インターネットに基づくアプリケーションの一群であって、Web 2.0の思想的或いは技術的基礎付けの上に作られ、
UGCを作りだし交換できるようにするもの」Kaplan Andreas M., Haenlein Michael, (2010), Users of the world,
unite! The challenges and opportunities of social media, Business Horizons, Vol. 53, Issue 1と定義している。

産業メディアとの違い

ソーシャルメディアは新聞、テレビ、映画などの産業メディアから区別される。
ソーシャルメディアは誰でも(一人一人の個人でも)利用できて、比較的安価であるが、
産業メディアは新聞の発行や許認可制の放送業務のように、一般的には情報を発信するのに膨大な資源を必要とする。
産業メディアは通常「従来型」の「放送」「マスメディア」メディアと呼ばれる。

歴史

「ソーシャルメディア」という用語は、2006年7月以来、順調に使われるようになった 。

種類

ソーシャルメディアは、電子掲示板や、ブログ、ウィキ、ポッドキャスト、ソーシャルブックマーク、
Amazon.co.jpなどの通販サイトのカスタマーレビューなど多彩な形態を取る。
技術的には、ブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス、動画共有サービス、電子メール、インスタントメッセージ、音楽共有、クラウドソーシング、VoIPなどが用いられる。
社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ