スマホサイトを表示

社会的企業用語集

  • 無料体験授業 参加者募集中!ホームページや資料だけでは味わうことの出来ない、社会起業大学の講義を体験してみませんか?
  • 社会起業に関する資料を多彩にご用意しております。お気軽にお申し込みください。

フィランソロピー

フィランソロピー(Philanthropy)とは、基本的な意味では、広く人類全般に対する愛にもとづいて、よいものを広めたり、クオリティオブライフ(QOL)を高めたりすることを目的とした、利他主義的・奉仕的な活動全般を指す。

あるいはチャリティー的な目的を援助するために、時間、労力、金銭、物などをささげる行為のことである。従来日本語では「慈善活動」「博愛」「人類愛」などとも呼んできた。この意味では「チャリティー」に近い。

あるいは、特定の活動や事業のために、長い年月をかけて労力や資金を支援するようなこと。

Philanthropyの語源は(「フィロス= "loving"愛」)と、(「アントロポス =人間」)である。すなわち、人間を愛すること、という意味が込められている。

フィランソロピーを実践している人はフィランソロピストと呼ばれる。従来日本語で「篤志家(とくしか)」と呼んできたものである。

概説

フィランソロピーとは、基本的に、人々のクオリティオブライフ(QOL)を高めたりすることを目的とした、利他主義的あるいは奉仕的な活動全般を指している。

フィランソロピーを行う人の経済状況は様々である。
たしかにフィランソロピストとして、アメリカのロックフェラー家、カーネギー家、ビル・ゲイツなどのような富豪に注目が集まることも多くはあるが、フィランソロピーの実践に富の大小は関係ない。日本では個人による支援の側面より、企業の社会的貢献(企業自体の貢献、企業社員による貢献、および企業が一般市民の貢献の媒介となる活動)をさして使われることでこの言葉が広まった。

欧米諸国では、フィランソロピーは、美術・音楽・宗教・人道主義活動や、教育活動(地域の学校から大学まで)に財源を供給し(しかも、主たる財源である)、人々のQOLの改善に貢献している。ただし日本では、欧米と比べると、フィランソロピーの意識はまだまだ未発達である。

フィランソロピーと政治

フィランソロピーは、福祉政策などに代表される政府の機能に頼ることなく、社会的改革に影響を及ぼそうとする民間セクターによる活動である。

政府はフィランソロピーの活動を制度的に支援することがある。多くの国では、チャリティー活動に寄付した場合税金が控除される。

しかしいくつかの国では、非政府組織(NGO)などが人口の相当の割合から政府以上の好意を受ける可能性(これは選挙結果を左右したり、権威主義的政府や独裁政権への対抗勢力となったりしうる)を危惧して、政府がフィランソロピーに懐疑的になる場合もあるという。{{要出典範囲|社会活動家らから疑惑の念をもたれている企業によるフィランソロピーは、社会活動家の頻繁な批判を受けている。たとえばエクソンに対し、同社が南アフリカ共和国で活動することで政府のアパルトヘイトを支えているという非難が起こった後、ハーバード大学は活動家の圧力によりエクソン株を手放した。しかし、株放出後もエクソンからのフィランソロピーや貢献を求めているかと聞かれた大学側は、「イエス」と回答した

ハーバードは株主を続けて、南アフリカでの活動を停止するようエクソンの株主総会で投票することもできた。その代わりにハーバードは抵抗として株を売った。エクソンは最終的にゼロックスなどと同様南アフリカでの活動を取りやめたが現地の従業員は職を失い南アフリカは経済の担い手を失った。

フィランソロピーに対する反応


{{要出典範囲|一部のフリードリヒ・ニーチェのような思想家たちは、弱者が強者から強奪することとフィランソロピーとを結びつけて、こうした発想に哲学的観点から反対したこともあった}}という。

フィランソロピーを貧困な者に対する徳行や慈悲と同一視する者もいる。一方、「{{要出典範囲|あらゆる種類の社会的需要に対して、それが供給されていない場合、供給が少ない場合、供給されていないと感じられる場合、市場原理では供給されない場合などに、それらの需要に対して利他的に供給を行うことは、すべてフィランソロピーだ}}」という立場もある。

{{要出典範囲|フィランソロピーは、共同体の財源を育て媒介手段を与えることで地域共同体作りの手段となり得る}}という意見もある。
{{要出典範囲|共同体のメンバーが、お互い資源や技能はあるが元手や財産はないと考えるとき、財源を持ち媒介を出来る共同体はその問題を解決することのできる立場にある。}}

フィランソロピーは現在の需要と将来の需要の両方に応えるものといえるMary Lou & John Tanton; A Journey into American Conservation, by John F. Rohe, published by FAIR Horizon Press, 2002, Chapter 6, entitled Prophesy and Charity.。たとえば差し迫った災害に対する慈善的反応は、フィランソロピーの基本的な機能である。これは遠い将来を予測する必要がなく、直後にフィランソロピストに栄誉を与える。

しかし、将来の需要に対するフィランソロピーは、寄付者の予見力と知恵を必要とするが、寄付者のことを後から認識してくれる人は少ない。将来の需要に今応えることは、困難な事態が起こってから寄付するよりも、はるかに被害を少なくすることが出来る。

社会的企業用語一覧に戻る

関連用語


無料体験授業のお申し込みはこちら

資料請求

無料動画講座視聴

フォームでのお問い合わせ