起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » セミナー・スタディツアー» 特別公開講座 » 新しい価値を創造した10社の感動ストーリー ―企業が行う社会貢献のあり方―
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

2011年9月28日(水)19:00−21:30(受付開始18:30)

特別公開セミナー

新しい価値を創造した10社の感動ストーリー ―企業が行う社会貢献のあり方―

「会社は誰のためになぜ存在するのか?」社会起業を目指す皆様や中堅・中小企業の経営者の皆様でしたら、企業経営の使命と責任をめぐって、一度や二度のみならず、そうした悩みや葛藤を抱かれたご経験があるのではないでしょうか。 ベストセラー「日本でいちばん大切にしたい会社」の著者である坂本光司教授(法政大学大学院政策創造研究科)は、著書の中で次のように述べられています。

本当の企業経営とは、
@社員とその家族
A社外社員(下請け・協力会社の社員)とその家族
B現在顧客と未来顧客
C地域住民、とりわけ障害者や高齢者
D株主・出資者・関係機関
に対する5つの使命と責任を果たすための活動のことであり、使命と責任とは、「幸福の追求」 「幸福の実現」である。特に、5つの使命と責任を果たすべきステークホルダーの中で、最もその幸福を追求すべきは@〜C、とりわけ@社員とその家族である。

社会起業大学では、こうした坂本光司教授のお考えに共鳴いたし、社会起業を目指す皆様や中堅・中小企業の経営者の皆様が、企業経営の使命と責任をめぐる悩みや葛藤を乗り越えて、長期にわたり好業績を持続する企業や、真に世のため人のためになる経営に懸命に取り組む価値ある企業を目指されたいという情熱や志を実現して頂くため、坂本光司教授の監修のもと「百年経営学部」を設置しています。社会起業大学 第4期スタートに先立ちまして坂本光司教授の特別公開講座を開催致します。

新しい価値を創造した10社の感動ストーリー
ー企業が行う社会貢献のあり方ー

業種・規模・立地・景気に左右されずに持続的成長を遂げている、中堅・中小企業の経営者の皆様にとってロールモデルとなる会社様(事例研究)を通じて、どのようにすればいい会社をつくれるのか、どのようにすれば社員とその家族が幸せになれるのかを学びます。


講師紹介

坂本 光司 氏

坂本 光司 氏
法政大学大学院政策創造研究科 教授
同経営大学院(MBAコース)兼担教授

1970年法政大学経営学部卒業。
静岡文化芸術大学文化政策学部・同大学院教授等を経て、法政大学大学院政策創造研究科教授
同経営大学院(MBAコース)兼担教授。ほかに、中小企業庁経営革新制度評価委員会委員長等、国・県・市町村の公務も多数務める。 専門は中小企業経営論・地域経済論・地域産業論。
1987年出版の「円高、国際化と地域産業」(静岡新聞社)で、中小企業研究奨励賞本賞を受賞。
著書に「日本でいちばん大切にしたい会社」(あさ出版 2008年)、他60冊を超える。

日時2011年9月28日(水)19:00−21:30(受付開始18:30)
場所角筈区民ホール MAP
アクセス都庁前徒歩10分
定員200名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)
費用3,000円(当日受付でのお支払いになります)
当日の流れ

19:00−19:15 社会起業大学 理事長ご挨拶
19:15−20:45 坂本光司教授 特別公開講座
              新しい価値を創造した10社の感動ストーリー
              ー企業が行う社会貢献のあり方ー
20:45−21:55 卒業生の活動報告
              ソーシャルビジネスグランプリ2011夏
              グランプリ 新川政信
              高・介併進策 かい援隊百万人構想
20:55−21:00 社会起業大学 理事長ご挨拶



起業家を育成するビジネススクール 社会起業大学 ホーム » セミナー・スタディツアー» 特別公開講座 » 新しい価値を創造した10社の感動ストーリー ―企業が行う社会貢献のあり方―