インタビュー

中村祥子 さん

国内トップレベルのスポーツ施設で事務として勤務。 その勤務の傍ら、自分で立ち上げた任意団体「メリメロ」や、理事を務めている「日本ろう者サッカー協会」の活動をボランティアとして実施。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

卒業生インタビュー 入学した経緯、社会起業大学での経験について


Q. 社会起業大学の入学を決めたきっかけや動機は何でしょうか?

わたしは生まれつき、耳がきこえません。
中学生くらいの頃から「障害」「福祉」というフィールドで何かできないかなと考えていました。
高校生のときに福祉分野の学習をし、ホームヘルパーの資格もとりました。
大学で、建築デザイン学へ進学し、バリアフリーやUDに関する設計をしようとも思いました。
ですが、そういったことでなく、もっと新しいことをやらないと「障害」「福祉」に対する敷居の高さは変えられない、そう思ったときに、大学のときから始めた「フットサル」「サッカー」で「障害」に対する壁を壊せないかな、とふと思いました。
「障害」と「サッカー」で何か社会貢献ができるようなことをしたい、そういう活動をする団体を設立したい、と思い、社会起業大学への入学を決めました。

Q. なぜ社会起業大学を選択されたのでしょうか

入学当時、社会人2年めになる前の春で、あまり学業にお金をかけられなかったのと、働きながら勉強をしてみたいという気持ちがあったので、学費&学習時間が自分のそのときの生活にあっていると考えたからです。また、尊敬している友人が1期生で、彼の体験記事をブログなどで読んでいて、社会起業大学に対するイメージがリアルにふくらんでいたというのも大きなきっかけのひとつです。


Q. 社会起業大学で何を得ましたか?

(自分を知ること、ビジネスについて、社会貢献を志すことについて)
知識と経験と勇気。の3つを得ることができました。
それまで独学ではなかなか理解ができなかった「法人」や団体の運営の仕方についての知識。 今まで関わってこなかったフィールドの熱い人たちとの出会いやその出会いを通して様々なことを熱く話し合ったり新しいことを知ったりという経験。 耳がきこえなくても、やろうと思えばできる、という勇気。
今後の自分にとってとても大事なものを得ることができました。

Q. 社会起業大学で出会った仲間はどんな人たちでしたか?

熱い志をもった、とてもキラキラしている人たちばかりでした。
めったに会えない同い年の仲間にも何人か出会うことができてとても良い刺激になりました。

卒業後の働き方について


Q. 卒業後、どのような働き方をしていますか?

社会起業大学の卒業とほぼ同時に、大卒後1年半勤めていた大手IT会社を辞めました。
そのまますぐにサッカーアパレルのベンチャー企業に入社し、1年半ほど勤めながらサッカー業界やベンチャー企業の大変さなどを学びました。
現在はもっと視野を広げたいと思い、国内トップレベルのスポーツ施設で事務として勤務しています。  その勤務の傍ら、自分で立ち上げた任意団体「メリメロ」や、理事を務めている「日本ろう者サッカー協会」の活動をボランティアとして実施しています。

Q. 今の仕事のやりがいは?以前の仕事とどう変わりましたか?

大卒後最初に入った職場では、ビジネススキルや一般企業というものの在り方を学ぶことができましたが、自分のやりたいこととは直結はしていませんでした。
2つめ、3つめの職場からは、スポーツに関わる仕事に就き、「メリメロ」や「日本ろう者サッカー協会」での活動に生かせそうな経験を身につけたり、それぞれの職場で、団体での活動や運営をサポートしてくれるつながり(スキルや人など)をつかんだりするようになりました。


Q. 通学にあたっての一番の不安は何でしたか?それをどのように乗り越えましたか?

耳がきこえなかったので、授業やグループワークについていけるかがすごく心配でした。  
ですが、クラスメイトの方やクラス以外の方に、PCテイクやノートテイクをしてもらいながら、周りの人と同じように参加することができました。サポートしてくださった仲間のみなさん、相談に乗ってくださった社会起業大学の方たちには本当に感謝です。

皆さんへのメッセージ

Q. 社会起業大学へ入学を考えている皆さんにメッセージをお願いします。

正直に言うと、社会起業大学に入ったからといってすぐに変われるか、ビジネスができるか、というのは人それぞれだと思います。社会起業大学に入ったからといって、理想が叶うという…と約束できる訳ではないと思います。
ですが、かけがえのない経験をしたり、普段なかなか会えないような仲間たちと出会うことで、今まで自分で気づかなかった自分の長所短所に気づいたり、視野を広げ、可能性や夢をふくらませるということが、ここではできると思います。短い期間ですが、とても大きなものを得ることはできると思うので、ぜひチャレンジしてみてください。